近畿地区高等学校PTA連合会大会和歌山大会

令和元年7月6日(土)、「家庭での子供とのコミュニケーションの大切さ」をテーマに第45回近畿地区高等学校PTA連合大会が和歌山県で開催されました。
本校からは廣瀬校長、育友会役員4名が参加しました。
開会式の後、大会会長挨拶、広報誌コンクール表彰、平成30年度PTA連合会の役員の方々へ感謝状の贈呈がありました。
次に、「集団行動」を研究、指導されている清原信彦氏による「清原流 人を創る」と題した講演会がありました。集団行動で一糸乱れぬ緻密なパフォーマンスをする為に心掛けている事をお話して下さいました。
共通の理解、信頼関係、親密に話をする、親と子のコミュニケーションとも通ずるお話でした。
昼食の時間には紀央館高校書道部による書道パフォーマンスがありました。
昼食後、パネルディスカッションの後、閉会の運びとなりました。
子供との関係を見直す良い機会となり、大変有意義な時間を過ごす事ができました。
来年は奈良県で開催予定です。