33回生一日大学体験講座

2年生を対象に、6月12日(水)2・3限、「1日大学体験講座」を実施しました!

目的は、大学で教鞭をとっておられる先生方の専門性が高い模擬講義を受けることによって、本校2年生の進路意識を高める契機にしたい、というものです。

実施講座
① 兵庫県立大学国際商経学部 安田義郎教授  「会社って何だろう?-社会との関わりを見てみよう-」
② 大阪教育大学教育学部 下村陽一 特任教授 「対人コミュニケーションの心理学」
③ 京都大学大学院人間・環境研究科 水野尚之 教授 「文学と歴史から見た遊園地」
④ 神戸大学大学院海事科学研究科 山本茂広准教授
「機械はなぜ計算ができるか -広がる電気・電子工学の世界-」
⑤ 関西学院大学総合政策学部 客野尚志 教授 「環境共生の都市・建築計画のあり方」
⑥ 神戸大学大学院保健学研究科 四本かやの准教授 「保健学 ~健康と病気のあいだ」
⑦ 大阪市立大学大学院工学研究科 立花太郎一 教授 「抗体医薬:バイオテクノロジーが生み出した新しいクスリ」
⑧ 神戸大学大学院農学研究科 中屋敷均 教授 「マメ科植物と根粒菌の共生機構」

☆日常とは違った、大学のアカデミックな授業を受けたことによって、生徒たちは大いに好奇心を刺激されたようです!
わざわざ本校までお越しくださり、体験授業を実施してくださった、上記8名の先生方、本当にありがとうございました!


①安田義郎教授  「会社って何だろう?-社会との関わりを見てみよう-」

②下村陽一 特任教授 「対人コミュニケーションの心理学」

③水野尚之 教授 「文学と歴史から見た遊園地」

④山本茂広准教授 「機械はなぜ計算ができるか -広がる電気・電子工学の世界-」

⑤客野尚志 教授 「環境共生の都市・建築計画のあり方」

⑥四本かやの准教授 「保健学 ~健康と病気のあいだ」

⑦立花太郎一 教授 「抗体医薬:バイオテクノロジーが生み出した新しいクスリ」

⑧中屋敷均 教授 「マメ科植物と根粒菌の共生機構」