女子ソフトテニス部 中央決勝選手権大会

女子ソフトテニス部活動報告vol.4
5月31日(金)、吉川総合公園テニスコートにて県総体ソフトテニス中央決勝選手権大会が開催されました。朝から曇天で午後からは降雨となる中での個人戦となりました。


本校は1回戦3試合目に出場し、加古川西高校の選手との対戦となりました。1試合目の重要性を確認していたのでウォーミングアップをしっかりしていましたが、いざ試合が始まると緊張からか、序盤にボールコントロールやサーブミスが相次いだことで劣勢に立たされました。中盤からは落ち着きを取り戻して本来のボール運び、サーブができるようになりデュースアゲインが何度も続くゲームを取ることができました。相手にマッチポイントを握られながらも粘り続けファイナルゲームまで持ち込み、ファイナルでリードするなど勝機もありましたが、ファイナルのデュースで相手側の3年生の執念が勝って惜敗しました。

ゲーム時間は約1時間に及ぶ長期戦となり、昨秋の県新人戦での戦いよりは得た収穫も多かったと思います。この悔しさを胸に夏に向けて日々の練習を頑張っていってもらいたいと思います。