放送部 近畿総合文化祭徳島大会放送部門出場

「さにーちゃん」が照らしてくれた「希望の光」

11月18日、徳島県で行われた近畿総合文化祭放送部門において、
本校放送部の岡見さんが出場しました。近畿2府8県の代表者が集う
レベルの高い大会で緊張感漂う中、岡見さんは開会式直後のアナウン
ス部門の全体2番目に出場しました。
32回生のマスコットキャラクター、「さにーちゃん」を題材にし、明るく
楽しいテンポあるアナウンスでした。結果は奨励賞をいただくことが
できました。

兵庫県放送部のレベルの高さゆえ、なかなか近畿や全国に手が届かず
悔しい思いをしてきました。今回、その壁を破ることができ、いい経験に
なりました。また、そのことが同日行われた兵庫県総合文化祭の放送
文化部門での好結果にもつながったと思います(詳細は、別記事にて
紹介させていただきます)。彼女のアナウンスの最後の文に…

『「さにーちゃん」は、私たちに希望の光を照らしてくれています』

…とあります。まさに、「さにーちゃん」は、近畿総合文化祭出場の
岡見さんはじめ、本校放送部全体に「希望の光」を照らしてくれま
した。取材に応じてくださり、「さにーちゃん」グッズまで作ってくだ
さった先生、応援してくださった方々に感謝申し上げます。今回の
近畿・県の結果を糧に、来年のNHK杯に向けて、精進を重ねて
まいります。本校放送部の活動を見守っていただければ幸いです。