女子ソフトテニス部 団体 県出場権を獲得!

女子ソフトテニス部活動報告vol.11

10月7日(日)県立三田西陵高校にて丹有地区新人大会の団体戦が開催されました。
本来は先週末に開催の予定でしたが、台風の接近にともない雨天順延となっていました。
当日も新たな台風の影響が心配されていましたが、会場校である三田西陵の選手たちが
前日から水取りなどコート整備を行ってくれたおかげで無事に開催することができました。

当日は本校の英検実施日と重なっていたため主要メンバーの半数近くが欠ける状況での
厳しい戦いとなりました。英検受験で大会に出られなかった選手の分まで残されたメン
バーで戦い抜こうと一致結束して戦いに臨み、初めて団体戦に出場した選手も健闘して
くれました。その結果、予選リーグを2位で通過でき、その後の県進出を懸けた戦いで
勝利して2年ぶりに団体戦での県出場権を獲得しました!


試合当日の顧問挨拶でも言いましたが、団体戦は出場メンバーだけでなく、その裏で当日
は1試合にも出ないけれども他校との対戦の審判に派遣される選手がいてくれるおかげで
団体メンバーは試合に集中して臨むことができます。また、応援してくれる選手・保護者
がいてくれるおかげで普段以上の力を出せるようになります。このように周りに支えられ
ていること、そのことに感謝できるかどうかが、これから更に強くなっていけるかの分岐
点になるでしょう。視野を広くして、ソフトテニスを楽しみ、感謝しながら戦ってほしい
と思います。                                             顧問