北摂三田女子硬式テニス部 日誌「神戸支部リーグ団体戦」

8月11日(日)しあわせの村テニスコートで、高体連神戸支部リーグ夏季団体戦が行われました。

神戸支部リーグは、神戸地区、丹有地区の私学を含めた全32校の参加する団体戦です。
女子は全部で7部あり、1つ部につき4校でリーグ戦を行います。それぞれの対戦では、シングルス3本、ダブルス2本の合計5試合行い、勝敗を決めます。
各部で優勝した学校は、上位の部の最下位校と入れ替え戦を行い、勝った学校が上位の部に昇格し、負けた学校は下位の部に降格します。

本校は、3部に属しており、3部では北須磨高校、神戸海星高校、北摂三田高校、兵庫高校の4校が対戦しました。


北摂三田女子テニス

本校は2年生が2人しかいないため、団体戦では7人の出場者中5人が1年生という、苦しい戦いを強いられました。しかしその1年生が他校の2年生相手に善戦し、リーグ戦は最終戦まで順位が決まらない混戦となりました。

北摂三田女子テニス

結果、優勝校は海星高校、本校は4位となり4部の優勝校である滝川第二高校と入れ替え戦をする事になりました。まだ日程は決まっていませんが、3部残留に向けて全員でレベルアップしていきたいと思います。

北摂三田女子テニス

団体戦は、個人戦とは違った緊張感の中で戦わなければならないため、自分の力をうまく発揮できない場面も多々ありました。しかし自分の内面をコントロールし、相手よりも先にまず「自分に打ち勝つ」事も、テニスの実力の一つとなります。こうした修羅場を数多くこなす中で、今まで気づかなかった自分の内面に気付き、それをコントロールする術を身に付けていってほしいと思います。

最後に、本校選手たちは8人しかいない中で、試合に出場しながら審判を行い、他校の大勢の応援に対し、0~2名のか細い応援で対抗し、本当にしんどい条件の中で、それを感じさせないくらい明るく、一生懸命団体戦を戦いきりました。本当にお疲れ様でした。明日から4日間オフがあります。しっかり休んで、オフ明けの練習に臨んで下さい。
また、応援にかけつけてくれた、29回生OBのみなさん、保護者の方々、熱い中本当にありがとうございました。

今年のチームには、少ない人数を感じさせないような支えが、例年にないくらいたくさんあります。
こうした支えに応えられるように、日々の練習の中で大きく成長していって欲しいと思います。