大阪大学訪問

8月3日(金)に大阪大学へキャリア研修(大学訪問)に行きました。参加者は32名でした。
午前中は、理系学部が多く集まる吹田キャンパスでした。高速道路を利用すれば北摂三田高校
から40分くらいで到着し、思いのほか近いことがわかりました。初めは「大学の概要説明」で
した。国立大学でも有数の学生数と規模を誇る総合大学であることがよくわかりました。自分
が知らなかった学部に関しても詳しく説明していただき、興味を持てるようになり、学部選択
の幅が広がりました。次に「レーザー科学研究所」を訪問しました。この研究所で研究をされ
ている先生から、最先端の研究についての講演を聞き、そのあとはグループに分かれて実際に
研究所の施設の中を見学させていただきました。大学の敷地の中にこんなに巨大な施設が隠れ
ていたことにまず驚かされ、40年前から稼働し続けており、今でも最先端の研究が続いている
ことにさらに驚かされました。わかりやすく説明をしていただいたのですが、高校生には少し
難しく、ほとんど理解することができませんでした。しかし逆に、大阪大学に入学すれば自分
もこの高度な研究に携われることがわかり、一層意欲がわいてきました。そのあと自由散策を
兼ねて各自で昼食を摂りましたが。近くの学生食堂では、おいしい料理がリーズナブルな値段
で食べることができ、学生がとても羨ましく感じました。

午後からはキャンパスを移動し、文系学部と教養課程が集まる豊中キャンパスへ向かいまし
た。ここでは3つのグループに分かれ総合図書館を見学しました。阪大にはキャンパスごとに
図書館があるそうですが、この図書館はその中でも最大で中心となっている施設だそうです。
学校の図書館や地域の図書館をイメージしていましたが全く違い、地上6階の4つの建物がす
べて図書館でした。そしてその中で、一人で静かに資料を読んでいる人、パソコンを持ち込ん
で文書を作成している人、数人のグループで議論をしている人、様々な学生が様々な形で熱心
に勉強している様子が見えました。そしてその多くの専門分野と様々な学び方に対応した施設
であることがわかりました。そのあと自由散策を行いましたが、迷っている私たちに気軽に大
学生が声をかけてくれたり、北摂三田高校の先輩にも出会ったり、また違った大阪大学の一面
を見ることができました。

今回の大学訪問で、より一層大阪大学に興味を持ち、ぜひ入学したいと思えるようになりまし
た。今回の訪問で色々なことに興味を持てたので、次は自分で見学に行きたいと思います。