陸上競技部 県駅伝報告

男子13位 女子19位



僕たちは、先日行われた兵庫県駅伝競走大会に出場しました。
結果は、総合13位で今年の目標であった“昨年の17位を超える”ことができ、またタイムでも上回ることができ、良い結果を残すことができたと思います。
個人としては、昨年はこの大会を走ることができませんでしたが、今年は3区で区間6位と、今後の大きな自信につながる結果を残せたので、とても嬉しく思います。
今年のチームは、3年生が1人で2年生主体のチームでしたが、逆にその状況が、2年生を中心に一人一人が積極的に練習に取り組む姿勢につながり、良いチームが出来上がったと思います。さらに、唯一残ってくれた3年生を良い形で、最後に笑って終わらせることができるようにというチーム全体としての想いがあり、各区間で持てる力をしっかり発揮できたと思います。
これからは、3年生が引退し新チームとして部活動が始まります。今回の駅伝に向けて作り上げてきたチーム力を、この大会で終わらせることなく、さらに成長させていきたいと思います。そして、自分がこれからのチームを引っ張っていく立場になるので、強いリーダーシップを持って練習に取り組みたいと思います。応援してくださった方々、ありがとうございました。

兵庫県立北摂三田高等学校
男子長距離 主将 當別當直哉



10月に行われた丹有地区の駅伝予選を通過し、昨年に続いて今年も兵庫県高等学校駅伝競争大会に出場することができました。3年生の先輩が駅伝まで残ってくださり、別種目の選手の力を借りてもメンバー5人というギリギリの状態での出場でした。
女子の駅伝は5人が揃って初めて最後まで襷を繋ぐことができます。誰ひとり欠けてはいけないという厳しい状況で1人1人に大きなプレッシャーがかかる中、全員がそれぞれの役割を果たして最後まで襷を繋ぐことができました。その結果、1時間19分55秒の19位と昨年よりもタイム、順位を共に上げることができました。この5人でこの駅伝を目指して頑張ってきた結果だと思います。
それと同時にこの県駅伝で強い選手、強いチームと走ることができたことで私たちももっと上位で戦うことのできる選手、チームになりたいと思いました。これからは先輩からの想いの襷を私たちが引き継ぎ、更に強くなって来年またこの舞台に戻ってくることができるよう、みなさんの応援にもっと応えることができるチームになれるよう、新チームでお互いに高めあいながら練習していきたいと思います。
最後になりましたが熱心に指導してくださった先生方、応援していただいた皆様、サポートや補助員をしてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

兵庫県立北摂三田高等学校
女子長距離 主将 柿本 陽向