職員救急法講習会

6月14日(水)午後、職員対象の救急法講習会を実施しました。
講師には三田市消防本部の救急隊員の方2名がきてくださり、班ごとに分かれて講習を行いました。
 まずは人形を使って心臓マッサージを全員が2分間行いました。2分間心臓マッサージを行うと想像以上に体力を消耗し、正しい姿勢で実施する大切さや、できるだけたくさんの交代要員が必要なことなどを実感しました。
 次に、AEDを用いた心肺蘇生法の一連の流れを学びました。
 最後に、部活動中に発生した頚椎損傷が疑われる場合などに備えて首の固定の仕方や体位変換などを教えていただき、とても充実した講習会になりました。毎年1回救急法の講習会を実施していますが、心肺蘇生法のガイドラインは年々変化しており、年1回の講習を行う意義を再確認しました。
 三田市消防本部の方々、本当にありがとうございました。