31回生 特別授業 

1月30日(月)3限、朝日放送株式会社技術局制作技術センターの神田雅之氏に「放送局の仕事と求める人材」というテーマで人間科学類型特別授業(1-7)をしていただきました。
テレビ局というとアナウンサーなどの華やかな仕事のイメージが強いですが、神田さんをはじめ、多くのスタッフに支えられて番組は成り立っています。神田さんは、テレビ局に就職するために理系の大学を選び、技術職として朝日放送に就職されました。テレビ局の商品は「時間」であるとか、技術職の仕事内容であるとか、普段聞くことのない放送局の違った一面を見ることのできる特別授業でした。また、文系・理系と放送局の職員との関係も説明していただき、職業としての放送局員を感じることもできました。お忙しいなか、本当にありがとうございました。