30回生 人権学習発表会


2月6日(月)体育館にて、各クラス代表班による人権学習発表会が行われました。
今年の2学年の人権HRでは、「世界で起きている人権侵害」について各自で調べ、クラス内での発表を行い、その中から代表班を選びました。

代表班(発表順)
1組 代表者 高砂 知佳「シリア内戦と人権」
5組 代表者 東 昌德「パレスチナで何が起きているのか」
6組 代表者 末廣 園葉「コンゴの紛争〜忘れられた世界最大の出来事〜」
3組 代表者 大川 颯「人身売買」
7組 代表者 中尾 望結「サウジアラビアのイスラム教と女性」
4組 代表者 井川 静恵「パレスチナ問題」
2組 代表者 松本 菜々子「児童婚について」

最優秀賞は2年6組末廣園葉さんの班に決まりましたが、その他の班も修学旅行を挟んでの限られた時間の中で積極的に取り組み、それぞれの個性が光ったとても良い発表をしてくれました。発表を行った生徒にとっても、見ていた生徒にとっても、人権問題について考える良い機会になったと思います。