2年7組(人間科学類型)特別授業 3

1月12日(木)4限目に、2年7組の生徒対象に特別授業の第3回目を行いました。
今回は講師として、人と自然の博物館 研究員の大平和弘先生を講師としてお迎えし、「三田市の景観とまちづくり」という演題でお話をしていただきました。 大平先生のお話は自身の紹介から始まり、自身の仕事をしていく上で重要なポイントを解説していただきました。概要は以下の通りです。
1 社会に必要なスキルを身につけて社会にいかにして貢献するか
2 調べたことをいかに社会のしくみに乗せるか
3 景観という広い視野で地域を見る大切さについて
4 人口減少時代、いかに住民と共に課題解決を課題解決できるか
これらは人間科学類型で取り組んでいる課題研究を行っている生徒にとって、とても有益なアドバイスとなりました。普段、我々の目に見えないところで三田市を後ろから支えておられる方々を意識することはあまりないですが、そういった方々がおられ、その努力によって美しい景観が保たれていることに気付くことができました。