高校生だから

 

野球部の木地谷です。
   

三田市の朝も冷えてきました。ランニング中の白い吐息が、さらに選手の顔つきを良くしていきます!今の頑張りが、必ず今後の人生に活きてきます!頑張ろう!

 

そうは言っても高校生です。朝の早起きもつらい。宿題が深夜にまで及ぶことも。夜更かしをしてしまう日もある。時間ギリギリに、焦ってくる生徒の姿もあります。

 

だからこそ、「覚悟を決めて今日を生きる」だと思います。

・チームの為に時間を守る。

・みんなの為に自分がそこにいる。

・甲子園の為に一球に真剣!

 

そこにはたくさんの誘惑があります。「今日くらいいいじゃないか」「あいつもできてない」「自分がいなくたって関係ない」まだまだでてきますよね。

 

高校生だから出会える壁がある。

高校生だから出会える仲間がいる

高校生だから出会える達成感がある。

高校生だからこそ、この時間を大切にしてほしい。

 

それは、そんな学生時代を過ごしてきた保護者・OB・教師だからこそ感じられる「この瞬間の奇跡」ではないでしょうか。

 

私は毎日、生徒と話をします。生徒にしてみれば「怒られたくない」「褒めてほしい」「イイ所は見て!悪いところは見ないで!」どれも本音の思いでしょう。

私は高校生にだからこそ伝えたい想いを伝えます。「いつかわかればいい」もあれば、「今わかってほしい」もあります。

 

昨日はこんな学びがありました。

ある生徒がいました。その前日の朝練は時間ギリギリに来ていました。着替えて、靴を履きかえる頃にはみんな走り始めています。「お前はそれでいいの?」「いいえ・・・・」

すると、次の朝には誰よりも早く来てランニングをする姿が。

「おはよう」と挨拶をすると「おはようございます。昨日の分、取り返すんで」と誇らしげなイイ顔で挨拶が返ってきました。

「過ちて改めざる、これを過ちという」この言葉を思わせます。「チャレンジに失敗はありません」ミスは次に活かせば成長になります。だからミスを恐れていては成長から逃げてしまうことになります。

 

様々な環境の中で、高校生は必死で毎日を生きています。家族・友達・勉強・部活など、「高校生だからこそ出会えるその瞬間を大切に」

 

本日、保護者の方から「是非ブログに使ってください」と写真をいただきました。その中には、生徒の頑張る様子が収められていました。「そうだ。レンズを除く保護者の方々も一緒に戦ってるんだ」と、また一つ学びに気づかされました。

木地谷 正也