サイテックリサーチフォーラム2016 関学・理工学部

11月26日(土)、三田市にある関西学院大学理工学部においてサイテックリサーチフォーラムが開催されました。このフォーラムでは午前は関学理工学部の大学生・院生による研究発表が行われ、午後からは理工学部の研究室見学の後で全国から集まった高校生による理系の課題研究の研究発表が行われました。
本校からは人間科学類型2年の生徒2名(理系)が参加し、夏休みをかけて行った個人研究のテーマを発表しました。
一人目の生徒のテーマは「石の水切りの原理」です。水面上に小石が飛び跳ねて進む「水切り」において、物理・数学の視点でより多くの回数を飛び跳ねるにはどうすればよいかを考え、発表しました。
二人目の生徒のテーマは「缶ジュースの賢い飲み方」です。缶ジュースに入っているナタデココなどの固形物を残さずに飲むにはどうすればよいかを物理学の流体力学の観点から考察して発表しました。

生徒は大学生のレベルの高い発表を聞いた後で少し緊張もしたとは思いますが、聴衆に向けて堂々と発表を行っていました。他校の生徒や大学生の発表を見て、あるいは自らの発表を終えてからの質疑応答を通して新たな発見があったと思うので、それを今後の課題研究へ生かして質の高い研究を目指してもらいたいと考えています。
今後は文系・理系ともグループ単位での課題研究となります。仲間と協力し、3年次の集大成となる課題研究発表会に向けて、努力していきましょう。また今後の発表会にも積極的に参加していきたいと考えています。