平成28年度 高大連携課題研究合同発表会 in 京都大学

11月6日(日)、兵庫県教育委員会主催のもと、京都大学百周年時計台記念館において課題研究発表会が行われました。課題解決型学習などの発展的な学習に取り組む生徒が兵庫県内の17校から101名集い、研究発表を行いました。

本校も2年生人間科学類型(理系)の生徒3名がポスター発表で参加しました。テーマは「自転車を効率よく乗るには」で、毎日通学に使用する自転車に効率よく乗る方法を①重心の位置②空気抵抗の2つの側面から高校レベルの物理の観点から解説しました。
聴衆は他校の生徒を始め、京大の学部生と大学院生や他校の教員と指導助言の為に参加された京大の教員の方々でした。ある程度の質問は想定して答えを準備していましたが、なかなか想定通りにはいかなかったようです。レベルの高い質問や厳しく感じる指摘もありましたが、とても参考になってよかったと生徒も話していました。


全体会での1分プレゼンの様子

研究発表となるとなかなかうまくいかないことや、緊張することもありますが、とにかく勇気を持ってその場に参加し、発表の場数を踏むことで自身の成長に繋がっていくと思います。他校生の発表や、自身の発表に対するコメントシート(他校生や教員などが感想を記入する用紙)を参考にさらに自身の研究を深めいきたいと考えています。
後、京大の指導助言の先生が全体会で仰いましたが、“生徒自身が研究活動を「楽しむ」”ことを忘れずに取り組んで行こうと思います。