1年生模索講演会 6月2日(木)

6月2日(木)5限 に1年生模索講演会として、KE教育コンサルタントの蔵下克哉先生に「大学進学と社会で働くことを考える」という演題で話をしていただきました。
 自らのキャリアを考える力を身につけるために、5/17に文系・5/31に理系の大学教授に来ていただき、それぞれの面白さや大切さを学びました。そして、最後に大学進学や文理選択の大切さ、高校生活における勉強の重要性などを蔵下先生に講演して貰いました。時代が大きく変化しつつある今こそ、将来の職業をしっかりと考えたうえで文理選択をしなければならないということ。大学へ進学するうえで、授業への取り組み姿勢がいかに大切であるかということ。高校初めて中間考査を控えている1年生には大きく響いたようです。この気持ちを忘れずに、三年間頑張って欲しいと思います。