1年生模索講演会 5/17(火)

5月17日(火)4限 に1年生模索講演会として、兵庫県立大学経営学部の三崎教授に「文系の学問の楽しさ・面白さ-自分の生き方の指針にもなる経営学-」という演題で話をしていただきました。

学問には、知るための学問と実践のための学問があり、経営学は後者になるとのことでした。今回の講演会も単なる経営学の話ではなく、やる気をいかにマネジメント(引き出す)かとか、短所にこだわらず長所を伸ばすことが経営戦略につながるなど、本校の1年生が高校生活を過ごすなかで大切なことを伝えてくれました。経営学が実際の高校生活に役立つと感じることができました。

また、くら寿司やセブンイレブンなどの事例を使い専門的な経営学も分かりやすく説明していただきました。生徒たちとって、有意義な1時間となりました。