京大‐HGLC 科学者育成プログラム アドバンスト(advanced)コース ⑤

人間科学類型は、地域課題の解決やグローバルリーダーとしての資質を育成することを目標に課題研究活動に取り組んでいます。その活動の一環として、京都大学大学院理学研究科の協力を得て京大‐HGLC 科学者育成プログラムを行っています。このアドバンスト(advanced)コースは、京都大学大学院理学研究科から指導者を招き、約半年間にわたって天文学の研究を続けていくものです。今年度は11月から月1回のペースで行い、今回(3/22)が5回目の実習でした。

研究テーマ『ZTFのデータを用いた矮新星の再増光の(統計的)調査』について、7月の大阪教育大学での発表に向けて準備を進めています。今年度の実習はこの日が最終回ですが、7月の発表会まで月に1回のペースで実習は続けていく予定です。2年生は自らの課題研究で発表にも慣れていますが、1年生は研究の発表自体が初めてで、大学院生の指導を受けながら戸惑いながらも全員で意見を出し合い協力して進めています。