「北三 校長室から」No111(R3.2.18)春はすぐそこ

昨夜から再度寒波が来ていて、今日の朝もかなり冷え込んでいましたが、久しぶりに3年生が登校して、国公立2次試験の対応や卒業式の打合せなどをしています。3月1日(月)が予行(表彰式・同窓会入会式)、3月2日(火)が卒業式です。あと少しですので、最後まで頑張ってほしいと思います。

 さて、先日16日(火)に令和3年度特色選抜(推薦)入試を無事に実施することができました。

 受検生は大変緊張していましたが、4月になったら北三できっと頑張ってくれる、と思いながら様子を見ていました。春はもうすぐやってきます。コロナの影響はまだまだ続いていきますが、できることを精一杯頑張るしかありません。緊急事態宣言解除後の学校生活も気を緩めることなくやっていきたいと思います。

 さて、今月上旬から東京の大学受験に行っていた息子の一人が10日ぶりに帰ってきました。「外食は絶対するな。食事はテイクアウト」と言い聞かせていたので、コンビニ等で食料を買っていたのですが、「お店にはほとんど人がいないし、土日は食べるお店がほとんど開いていない。」と言っています。多くの人が自粛して、我慢して耐えている現状を皆で共有する必要があることを再認識させられました。  校長 廣瀬雅樹