人間科学類型(1-6)特別授業 ③  HGLC

2月1日(月)2限、人間科学類型(1-6)特別授業③を実施しました。今回は、兵庫県立大学国際商経学部准教授・森谷義哉先生にお越し頂き、「経営学とはー統計学の立場からー」という演題で授業をしていただきました。

高校生に分かりやすく、経営学とはどのような学問か、についてお話しくださいました。また、先生はインタラクティブな授業を展開し、生徒たちを巻き込んで、授業をしてくださいました。経営戦略、組織マネジメント、管理会計、財務会計、データ分析(統計学)など、専門用語についても、具体的な例を挙げながら、説明してくださいました。「なぜ、エスコヤマが流行るのか?」など、三田の代表的な企業を挙げながら解説してくださり、生徒たちも経営学を身近に感じていました。ビッグデータの活用が当たり前になった昨今、データ分析(統計学)は、現代を生き抜く上で大きな武器になると思いました。また、先生は、生徒たちに、数学をしっかり勉強するよう、鼓舞してくださいました。きっと、今月の学年末考査から成果を出してくれることと思います!!