陸上競技部 県駅伝 報告 

https://www.jaaf.or.jp/guide/rule/

僕達は、10月24日の丹有地区駅伝予選大会で2連覇し、11月8日に篠山で行われた兵庫県駅伝競走大会に、丹有代表として出場させて頂きました。今年は3年生1名が、駅伝まで残ってくださり、1年生4名、2年生2名、3年生1名というメンバー構成で挑みました。

今年は、コロナウイルスの影響もあり、例年とは違う動きも多々ありましたが、今大会が開催できることに感謝し、チーム全員で練習に励んできました。去年に引き続き、近畿大会が兵庫県開催のため、9位までが近畿大会に出場できたので、僕達は近畿大会出場を目標にしていました。

しかし、結果は総合「16位」と悔しい結果に終わりました。タイムも2時間18分8秒と去年から2分近く上がっものの、9位とは3分9秒もの差があり惨敗でした。

僕自身は6区を走らせて頂きました。17位で襷を受け、2つ順位を上げられたものの、区間順位は12位、タイムも去年よりも10秒近く遅いという結果となってしまい、自分の力不足を感じる大会になりました。「せめて自分がいい流れを!」と思っていましたがそれができなく、悔しく思います。

今大会の結果は残念な形に終わってしまいましたが、チームの6人がまだ来年に可能性が残っています。今大会で得た経験や悔しさを来年度以降の大会で各自が生かすことができるように日々の練習に精進していきたいと思います。

最後になりましたが、応援・指導してくださった先生方、支えてくれた家族や仲間、ありがとうございました。これからもご指導、応援をよろしくお願いします。

兵庫県立北摂三田高等学校                        陸上競技部 男子長距離主将 奥野颯太

私たちは11月8日に行われた兵庫県駅伝競走大会に丹有地区代表として出場しました。9位入賞・近畿駅伝出場を目標に練習に励んできましたが、結果は去年と同じ15位(1時間20分42秒)に終わりました。

私は昨年と同じ1区(6km)走らせていただきました。昨年よりタイムを40秒縮め、順位を上げて、9位で2区に襷をつなぐことができました。しかし、残り1kmの勝負で競り勝つ気持ちの強さや粘り強さが足りていないことを痛感しました。あと1秒でも速く走っていたら、あと1つでも順位を上げていたら、後に続く選手の力になりチームの結果は変わったかも…と思います。

長距離女子は3人しかおらず、短距離や跳躍・投擲選手の4人に力を借りて今季の駅伝に出場しました。部員が少ない中、近畿駅伝を狙えるチームだったことは自信となりました。来年、再来年、もっとたくさんの仲間で切磋琢磨し、県、さらには近畿で戦えるチームを作っていきたいです。

今年は惜しくも目標には届きませんでしたが、ひとりひとりがあと数秒ずつ伸ばすことで必ず届く目標だったと思います。この悔しさと気付いた課題を心に刻み、これからの練習に取り組んでいきます。そして、来シーズンのトラック種目や駅伝で花を咲かせます。

最後になりましたが、コロナ禍でたくさんの制限のある中、私たちに走る機会を与えていただいたことに感謝します。また、指導してくださった先生方、応援やサポートをしてくれた家族、陸上部の仲間、ありがとうございました。

兵庫県立北摂三田高等学校

陸上競技部 女子長距離主将 上﨑柊侑