生物野外活動部 2020活動報告④

秋山合宿

日程      令和2年10月2日(金)~10月4日(日)   天候   曇~晴れ

場所   北アルプス・涸沢

秋休みを利用して、北アルプス(涸沢)へ秋山合宿に出かけました。天候もよく、紅葉真っ盛りの北アルプスを堪能できました。

10月2日(金)

前回と同じルートで上高地に行ったが、前回は電車を乗り遅れ迷惑をかけたので、今回は下調べをしっかり行い14:50の平湯温泉までは余裕を持って行けた。ただ、平湯温泉に着いたのがバスの遅延のため予定より10分も押しており、先生の車から荷物を出す時間もあり大変だったが、15:00着の上高地行きバスに乗ることがき、予定通りに15:25に上高地に到着。そして、小梨平キャンプ場に16:00ごろに到着。テント設営と食事を済ませ、20:00に就寝した。〔N.K〕

10月3日(土)

3:00起床。良い天気の中、5:00に小梨平キャンプ場を出発。明神に6:25に到着し、11分の休憩をとり、その後、徳沢に7:15到着。7:25に徳沢を出発し、横尾に8:15到着。横尾を8:30に出発し、本谷橋9:22到着。休憩後、本谷橋を9:35に出発。足元は大きな石だらけで、歩くのにかなり注意が必要だった。Sガレ手前に10:21到着。10:35にSガレ手前を出発し、涸沢ヒュッテに11:10到着。目の前に広がる紅葉や青空の美しさに、疲れも吹き飛んだ。早めにテントを設営し、夕食の準備。夕食後、片付けの時には、すっかり気温も下がり、寒くて震えるくらいだったが、暗闇の中に浮かぶたくさんのテントからもれるランタンの灯りと、見渡す限り夜空いっぱいの星に感動した。〔N.T〕

10月4日(日)

3:00に起床。朝食をとり、テントを撤収。涸沢ヒュッテを4:40に出発。本谷橋に5:45に到着し、10分の休憩を取った。ここで暑かったので、パーカーを脱いで5:55に出発。横尾に6:45に到着し、15分の休憩を取り7:00に出発。明神に8:38に到着し、休憩を取り8:45に出発。上高地に9:25に到着。予定よりも2時間も早く下山できた。そのため、お土産などを買うことができた。大阪駅に19:10に到着し、三田駅で20:05ごろに解散。〔N.K〕

感想〔2年N.K〕

今回の登山はいままで登った中で一番気温が低かったと思います。まだまったく登っていない、小梨平キャンプ場のところでさえ手がかじかむほどだったので。涸沢はこれよりも寒いと思うと夜も眠れなかったです。案の定、涸沢はとても寒かったです。しかし、そんな寒さもわすれるくらいに涸沢の夜は綺麗でした。有名な涸沢ヒュッテから見えるテント場も綺麗でしたが、それよりも星空がいままで見た中で断トツに綺麗でした。ずっと見ていられるほどでした。今回の登山では、見たこともないようなものをたくさん見ることができ、とてもいい経験だったと思います。

感想〔1年N.T〕

三田からJR大阪駅へ。そこで長距離の高速バスに乗り換えるのだが、昨年先輩たちが道に迷ったと聞いていた。ドキドキしながらの移動だったが、道順を調べ何度も頭の中でシミュレーションしていたせいか、無事バスに乗り換えることができた。バスに5時間揺られ、高山に向かい、そこから路線バスを乗り継ぎ上高地へ。好天に恵まれたおかげで、青空に映える河童橋と澄んだ川の流れを見ることができた。初日は小梨平キャンプ場で一泊。2日目は3時起床5時出発。6時間ほど歩き、涸沢キャップ場へ。前日と違い、大きな石が一面に転がる中でテントを設営。多くの人々が訪れていて、所狭しとテントが張られていた。夕食後の片付けの時には、気温も下がり寒くて震えるくらいだったが、暗闇の中に、たくさんのカラフルなテントからもれるランタンの灯りが暖かく、見渡す限り夜空いっぱいに星が瞬く様子に心が動かされた。今回のキャンプでは、様々な作業や調理など多くのことで不手際があり、顧問の先生からお叱りを受けた。指導いただいたことは、これから気を付け、日常にも生かしていきたいと思った。また、キャンプ場ではいろいろな人との出会いもあり、励ましの言葉をたくさんかけて頂いた。一緒に行った先輩との時間も忘れ難いものになり、心に残るよい経験となった。

北摂三田高校HP 生物野外活動部のページ(令和元年度の活動状況) 
http://www.hyogo-c.ed.jp/~hokusetsusanda-hs/seikatsu/bukatsu/seibutsu.html