女子ソフトテニス部 県新人進出決定

女子ソフトテニス部活動報告vol.6

9月6日(日)、19日(土)、20日(日)の3日間、三田市の下青野公園テニスコートにて丹有地区新人大会が開催されました。

 個人戦では岡田・松本組が優勝、西・長谷川組が第5位に入賞し県進出を決めました。

団体戦では予選リーグにおいて柏原・有馬・三田松聖と対戦しました。予選1位抜けがかかっていた柏原との戦いではファイナルゲームの接戦でしたが惜しくも負けました。

〔結果〕三田松聖 0 - ③ 北摂三田

     有馬  1 - ② 北摂三田

     柏原  ② - 1 北摂三田

上記の結果、予選2位通過となり県進出可能な3枠目を争う3位決定リーグに進み、三田西陵・篠山鳳鳴と対戦しました。これを何とか勝ち抜くことができ県進出を決めました。

〔結果〕篠山鳳鳴 1 - ② 北摂三田

    三田西陵 1 - ② 北摂三田

ハイスクールジャパンカップのシングルス予選を兼ねているシングルス戦では岡田さんが第2位となりました。また、2年生の西さんと松本さんに加えて1年生の木之下さんと腕野さんが県シングルス大会への進出を決めました。

地区新人の日程終了後に部長から「体力の強化が必要」とのコメントがありましたが、後衛は回り込んでフォアで打つ、相手に乱されないボール運び、前衛はネット際に落とされたボールをフォローできるかどうかで体力が勝負を左右する要因となります。好きな練習だけでなく、しんどい練習の先に選手たちの目標とする舞台での活躍があります。10月3日(土)には強化練習会を兼ねて県進出者のみで行われる丹有選抜大会があり、但馬地区から参加される高校もあるため県大会での活躍を目指して頑張っていきたいと思います。