「北三 校長室から」No71(R2.5.22)学校再開準備

昨日、近畿3府県で継続されていた緊急事態宣言が解除され、兵庫県も新しいステージに入ることとなりました。県立学校は6月1日から学校を再開しますが、6月14日までの2週間は学校の実態に応じた分散登校とし、校内だけの活動になります。

 本校では①クラスを午前と午後の2つに分けて3時間の授業をする。②部活動は平日2日(個人で2日)、休日1日、90分以内で実施する。加えて、③夏季休業の短縮も各校で検討するように指示が出ているので、概ね10日間(7月の5日、8月の5日分)短縮にすることなどを基本原案として、来週中に生徒、保護者の皆様にご連絡できるよう校内の調整を行っています。

 学校が再開となっても当然ながら3密回避の対策を十分に行うことが必要ですので、消毒、手洗いの励行、マスク着用、加えて登校前の検温実施を徹底していきます。

一昨日は1年生、昨日は2年生、そして本日は3年生が登校可能日を利用して、先生方との面談や質問に来ていますが、写真のように昇降口には消毒液を置き、検温未実施の生徒には検温ができるようにしています。学校再開に向けては、まだまだ準備することがありますが、6月1日(月)再開という目標が明確になりましたので、全教職員で万全の準備をしたいと思っています。  校長 廣瀬雅樹