「北三 校長室から」No68(R2.5.1)学習支援

臨時休業期間が5月6日(水)から5月31日(日)に延長されることが先日決まりました。先生方は5月7日からの学校再開への準備と延長されるかもしれないという戸惑いの中、何とか生徒の学習を助けたいという思いで、「ほくさん 学びの広場」を活用した学習支援を続けてくださっています。時間をかけて課題を作成し、質問にも丁寧に答えていただいています。なかには、動画での説明(授業)に取り組んでいただいている先生もおられます。

加えて、県教育委員会からの緊急支援を受けて、オンライン学習ができるようになりました。本校では「スタデイサプリ」を導入することとし、私も少しは中身を見ましたが、本校生にとって「どの動画が適しているのか?」「今の時期にどのような力をつけておくべきか?」まさに、本校生にとって有意義なオンライン学習(活用)にしなければ意味がない。ということで、先日、先生方が集まって研修会をされていました。

本日、各学年から全生徒一斉に、このスタサポに関する連絡を含め多くの連絡等を郵送しています。不明な点や聞きたいことがあるときは、遠慮しないで学校に電話をしてください。

 話は変わりますが、部活動(運動部)関係者にとっては、悲しい決定が先日発表されました。「今年の全国高等学校総合体育大会は中止します」。インターネットを通じて多くの学校の生徒、先生から残念だというコメントが上がっていました。開催があぶないとは思っていましたが、無念ですが仕方ない決定だと思います。

あるアスリート(オリンピック代表候補)がこんなコメントを出しています「だれも悪くない。今しかできないことがきっとあるはず。今だからできることがあるはず。あなたたちにしかできないことがあるはず。いつか、コロナで悲しい思いをしたけど、こんなに成長してやった、と見返してやろう!」私も同感です。  校長 廣瀬雅樹