人権講演会 「共に生きる社会を目指して」 講師:山田拓朗選手

11月13日(水)に本校体育館において、パラリンピック競泳選手 山田拓朗選手(本校第22回卒業生)を講師にお迎えして「共に生きる社会を目指して~2020東京パラリンピックに向けて~」の講演会を行いました。

山田拓朗選手は本校在学中を含め、13歳の時から4大会連続でパラリンピックに出場され、2016年リオデジャネイロパラリンピックでは50m自由形で見事銅メダルを獲得されました。

今回の講演会では、これまでの経験についてや、来年に控えた東京パラリンピックに向けてお話をしていただきました。

生徒とのトークショーでは、山田選手が生徒一人一人の悩みや質問に対して丁寧に、そして真摯に向き合って話をされる姿が印象的でした。そして、その姿に体育館のみんなが山田選手のファンになりました。

講演会の最後には、山田選手の東京パラリンピックでの活躍に向けて生徒達から大きな声でエールを送ることができました。

山田拓朗選手お忙しい中、お越しいただき本当にありがとうございました。

以下は生徒の感想です。

・「緊張は万全の準備をしているからするもので、緊張していない方が危険」と聞いて、受験勉強に活かそうと思いました。

・「本番は答え合わせ」「うまくいかなかったら、次にどうすればいいか考えて工夫する」という言葉が印象に残りました。これからの試験を前向きに考えることができました。

・講演を聴いて、改めてあきらめずに努力を続けることは大事だと思いました。

・自分はすごく失敗を恐れていたけど、山田選手の「できないことを楽しむ」という話しを聴いて、たくさんのことに挑戦しようと思いました。

・東京2020頑張ってください!絶対にリアルタイムで応援します!

とても有意義な講演会になりました。参加していただいた保護者の方々も本当にありがとうございました。