33回生人間科学「三田市民活動祭り」

令和元年12月8日(日)キッピーモール6階のまちづくり協働センターにて、市民活動祭りが行われ、本校人間科学類型の土口さんが「食品ロス」に関するブースを設け、参加しました。考査中という事もあり、ポスターは一日貼っていましたが、発表自体は12時~13時に限定させてもらいました。



初めての「市民活動まつり」参加となりましたが、たくさんの方が来られていて、とても活気のあるイベントだったのに驚きました。
準備にあたっては、三田市まちづくり協働センターの方が、土口さんの発表を紹介する看板なども用意して下さるなど、本当に心強い後押しを頂きました。
また「三田市学生のまちづくり活動応援制度」でお世話になっている三田市役所の健やか育成課の方も見に来て下さり、本当に心強かったです。



啓発発表用のポスターを使って、賞味期限と消費期限の違い、1/3ルールの説明と問題点の指摘等を行った後、賞味期限が切れた食品の試食会を行う形での発表となりました。
9月にフィールドワークに行った、賞味期限切れ食品の買い取り・販売等を行っている「NPO法人 もったいない食品センター」で、カップ麺・チョコ・コーヒー・ジュース・海苔のお菓子等を用意して食べてもらった後、アンケートに協力してもらいました。
当日は、一般の方も含め、たくさんの人に発表及び試食を体験して頂き、一部の人には、賞味期限切れのコーラと賞味期限の切れていないコーラの飲み比べをしてもらい、味の違いがあるかどうかを体験してもらいました。



こうした地道な啓蒙活動を通して、「賞味期限切れ」食品に対する社会的な認識自体が変わり、抵抗なく受け入れる事ができるようになれば、サービスや商品を提供する側も「賞味期限切れ」の食品の扱い方が変わってくると思います。そうした良い循環が起これば、食品ロスの削減に繋がるはず・・・というのが土口さんの信念です。今後もこうした活動を通して、少しでも食品ロスの削減に繋げていって欲しいと思います。

今回の発表に関しては、NPO法人もったいない食品センターさんや三田市まつづくり協働センターの方々、健やか育成課の方々、この発表に間に合う形で取材して頂いた読売新聞様、そしてブースをご覧になって下さった方々など、たくさんのご協力があって実施する事ができました。本当にありがとうございました。

今後も、外部発表会や来年7月の人間科学類型の発表会に向けて、「食品ロス」削減に向けた課題研究を更に進めていって欲しいと思います。土口さん!頑張って下さい!!