女子ソフトテニス部 県新人 団体戦ベスト16

女子ソフトテニス部活動報告vol.18

11月1日(金)、しあわせの村テニスコートにて令和元年度 県新人中央決勝大会の団体戦が開催されました。金曜日のため多くの学校は公欠の手続きを取って参加しますが、本校は創立記念日で休日のため通常授業への影響なく参加することができました。

1回戦は強豪ひしめく神戸地区を勝ち上がった須磨友が丘高校と対戦しました。3対戦全てがファイナルゲームまでもつれる接戦となりました。ゲーム途中にアクシデントが発生するなど想定外のこともありましたが、控えの選手も大きな声で応援しチーム一丸となって戦い、2勝1敗で何とか勝ち切ることができました。

2回戦は但馬地区代表の八鹿高校と対戦しました。八鹿高校とは新人戦地区大会の直前に合同練習させていただき、その際に県大会で戦えるよう共に頑張ろうと健闘を祈り合っていたので、まさに県の舞台で勝負するということが実現した瞬間でした。互いに相手を知っているため戦術やオーダーで悩むところも多かったですが、こういう時こそ基本に忠実なプレーを心掛け、焦らずじっくりゲームを作っていこうと声をかけあい2本先取で勝利することができました。

3回戦は東播地区代表でシード権を有する強豪の明石商業高校とベスト8進出をかけて対戦しました。この試合から2面展開となりましたが、控えの選手たちがそれぞれのコートに分かれて大きな声で応援をしてくれました。守りに入るのではなく、挑戦者の気持ちで積極的なプレー立ち向かっていこうという言葉通り、こちらから勝負を仕掛ける思い切ったプレーをすることができていました。結果は1勝2敗で敗退となりましたが、試合巧者の明石商業高校と対戦する中でゲームプランやボール運びなど多くの事を勉強させていただきました。

この結果、県新人団体戦ではベスト16に入ることができました。春の総体で近畿大会の参加標準となるベスト12まであと少しのところ、団体で近畿大会出場が視野に入るところまで成長してきました。この結果を糧にこれからの冬をどう過ごすかが問われます。走り込みなど基礎体力づくりを含めて基礎基本の徹底を再度心掛けていきたいと思います。