33回生 人間科学「活動報告(フィールドワーク)」

令和元年9月30日(月)食品ロスについて研究をしている生徒が、「NPO法人 日本もったいない食品センター」にフィールドワークに行ってきました。こちらの法人は、賞味期限の切れた食品の販売等を行っており、同時に賞味期限の設定方法が抱える問題点、消費期限と賞味期限の違い等についての啓蒙活動を行うなど、食品ロスの削減や貧困層への提供等に貢献している団体です。
大阪に拠点を構えており、少し遠出となりましたが、とても有意義なお話しを伺う事ができました。今後は、子ども食堂やクリーンセンターにもフィールドワークに伺いたいと思っています。

NPO法人 もったいない食品センター




令和元年11月1日(金)メイクセラピーによる自己肯定感の向上について研究している生徒が、武庫が丘コミュニティセンターで行われている水彩画教室に、「NPO法人美メイク・アクトレス」から起こし頂いた2名のメイクセラピストと共にお邪魔し、メイクセラピーを施術する活動を行いました。本校生徒も、ハンドマッサージのやり方を教えてもらい、水彩画教室の生徒さんに実施させてもらいました。
水彩画教室の生徒さん方がメイクをしていく中で、メイクしている人もしていない周りの人もとても明るい雰囲気になっている事に驚きました。メイクセラピストさんによれば、メイクによる外見の変化もそうですが、メイクを通した触れ合いやコミュニケーションがとても重要な要素なのだと教えてもらいました。

NPO法人美メイク・アクトレス




今後、外部発表の機会も増えてきますが、こうした学校の枠を超えた場所で、様々な研究のヒントを頂ける事は本当にあり難い事だと思います。これからもたくさんの方々のご協力をいただきながら、よい課題研究になるよう努力していきたいと思います。