日別アーカイブ: 2021年1月13日

女子ソフトテニス部 近畿大会に出場

女子ソフトテニス部活動報告vol.10

1月9日(土)~11日(日)に滋賀県立長浜ドームで開催された第46回全日本高等学校ソフトテニス選抜大会近畿予選 兼 第52回近畿高等学校ソフトテニス選抜インドア大会に岡田・松本ペアが出場しました。試合前日から滋賀県入りして戦いに備えました。

試合では1回戦で滋賀県立八幡高校と対戦してストレート勝ちをおさめました。慣れない舞台で互いに緊張している中ではありましたが、攻める気持ちを忘れずに自分たちのテニスをすることができました。2回戦では京都上位の私立京都光華高校と対戦し、敗れましたが、近畿レベルの戦いを経験して多くのことを学べていたようでした。 この結果、近畿ベスト48となり、近畿での1勝は自信につながったと思います。

コロナ対策の下で大会を運営してくださった近畿高体連の役員の先生方、垂れ幕の作成に携わっていただき応援してくださった育友会の皆さん、ありがとうございました。

「北三 校長室から」No109(R3.1.13)三寒四温?

昨日(12日)は朝から雪が降っていたので、宝塚の家をいつもより早めの6時に出て、学校に到着した時の車の外気温はマイナス5.5度。校門から駐車場までが一番危険な状況でした。

校長室から見えるグラウンドは、朝9時過ぎには真っ白になり、気温が全く上がりません。午後からの出張を車で行くか大変迷いましたが、荷物もあったので車で行くことにし、いつも以上に慎重に運転して無事に到着しました。

今日は太陽がまぶしく、グラウンドの雪も溶け始めてきました。

「三寒四温」という言葉がありますが、本来は冬期に3日間ぐらい寒い日が続き、次の4日間くらい暖かくなることが繰り返されることで、中国北部などに顕著な現象のようです。ただ、日本では2月から3月上旬にかけて、冬から春への季節の移り変わりの時期に使われることが多くなっています。今年は寒さが厳しい日が多くなりそうですが、必ず春はやってきます。3年生は週末に大学入学共通テストという試練が待っていますが、誰にも必ず春はやってきます。「You can do it 大丈夫 あなたならできる。」期待しています。 校長 廣瀬雅樹