日別アーカイブ: 2020年9月28日

陸上競技部 近畿高等学校ユース陸上競技選手権大会 報告

https://www.jaaf.or.jp/guide/rule/

祝! 1年女子走高跳 山下 愛生 優勝!!

祝! 1年女子100mH 内藤 香乃 第2位!!

祝! 1年女子走幅跳 内藤 香乃 第2位!!

祝! 2年男子三段跳 宮田 晴人 第5位!!

近畿大会に出場した4種目すべてにおいて、8位以内入賞しました。

生物野外活動部 2020活動報告②

クライミング練習会

日程   令和2年8月29日(土)  天候        快晴

場所   グラビティリサーチミント神戸

登山活動のスキルアップのため、クライミングの練習会を行いました。ミント神戸の屋上にあるクライミングジムを利用して、ロープクライミングの体験をしました。

感想〔2年N〕

今回、僕がやったロープクライミングというのは以前やったボルダリングと違いかなり高いところまで登るので正直、最初登ったときはとても怖かったです。さらに高いうえに、降りる時は両手を離してロープに吊られながら降りるので、両手を離す時はとても緊張しました。しかしやっていく内に、その恐怖心もなくなり、ゴールに到達したときの達成感はボルダリング以上でした。今度またいくことがあれば、今回ゴール出来なかったところも登れるようになりたいです。

感想〔1年N〕

初ボルダリング。下から見ると、壁が高く立っているばかりかこちら側に反っている壁もあり、なんと無茶なことをするのだろうかと思った。指でホールドをつかんでは足を移動させるのだが、これが結構難しい。好天に恵まれたせいで、ホールドは指が焼けるかと思うくらいの熱さだった。僕がとろとろと登っている間にも、別の壁では、すいすいと登っていく上級者がいて、ただただすごいなぁと思った。ミント神戸から見る神戸の景色は気持ちよかったけれど、もう一度したいという気持ちには、今はまだなれていない。

北摂三田高校HP 生物野外活動部のページ(令和元年度の活動状況) 
http://www.hyogo-c.ed.jp/~hokusetsusanda-hs/seikatsu/bukatsu/seibutsu.html

9月12日(土) 育友会美化活動

朝8:30より約1時間、通学路のごみ拾いや、学校周辺の草引きなどの美化活動を行いました。
教職員や育友会員をはじめ、今年は野球部、男子バスケット部、吹奏楽部、コーラス部、剣道部、柔道部、生徒会も加わり総勢約145名の参加となりました。

 通学路の掃除では、ペットボトルや空き缶だけでなく、「壊れた傘を見つけたー」、「眼鏡が捨てられていました!」とさまざまなごみを拾って来てくれた生徒もいました。
また、地域住民の方に元気に挨拶をする生徒の姿も見ることができました。
活動終了時間には、ごみが山のように集まりました。
これで来週のオープンスクールを気持ちよく迎えることができます。

 参加者からは、
「いいお天気の中、生徒さん保護者の皆様共に要領良く、雑草抜きやゴミを拾って綺麗になりました」、「来週のオープンスクールを気持ちよく迎えられる準備ができ良かったです」との声をお聞きしました。

 今年度は育友会活動のほとんどが実施できないなかで、美化活動が開催できて本当によかったです。
残暑厳しい中、朝早くからご協力してくださった皆様、本当にありがとうございました。

女子ソフトテニス部 県新人進出決定

女子ソフトテニス部活動報告vol.6

9月6日(日)、19日(土)、20日(日)の3日間、三田市の下青野公園テニスコートにて丹有地区新人大会が開催されました。

 個人戦では岡田・松本組が優勝、西・長谷川組が第5位に入賞し県進出を決めました。

団体戦では予選リーグにおいて柏原・有馬・三田松聖と対戦しました。予選1位抜けがかかっていた柏原との戦いではファイナルゲームの接戦でしたが惜しくも負けました。

〔結果〕三田松聖 0 - ③ 北摂三田

     有馬  1 - ② 北摂三田

     柏原  ② - 1 北摂三田

上記の結果、予選2位通過となり県進出可能な3枠目を争う3位決定リーグに進み、三田西陵・篠山鳳鳴と対戦しました。これを何とか勝ち抜くことができ県進出を決めました。

〔結果〕篠山鳳鳴 1 - ② 北摂三田

    三田西陵 1 - ② 北摂三田

ハイスクールジャパンカップのシングルス予選を兼ねているシングルス戦では岡田さんが第2位となりました。また、2年生の西さんと松本さんに加えて1年生の木之下さんと腕野さんが県シングルス大会への進出を決めました。

地区新人の日程終了後に部長から「体力の強化が必要」とのコメントがありましたが、後衛は回り込んでフォアで打つ、相手に乱されないボール運び、前衛はネット際に落とされたボールをフォローできるかどうかで体力が勝負を左右する要因となります。好きな練習だけでなく、しんどい練習の先に選手たちの目標とする舞台での活躍があります。10月3日(土)には強化練習会を兼ねて県進出者のみで行われる丹有選抜大会があり、但馬地区から参加される高校もあるため県大会での活躍を目指して頑張っていきたいと思います。