日別アーカイブ: 2020年9月12日

「北三 校長室から」No90(R2.9.12)美化活動

ここ数日出張が続いていて学校にいる時間が短く、生徒の様子も気になっていました。先週10日(木)には3年生人間科学類型の課題研究発表会がありましたが、研究テーマを見ただけでも聴きたいなあ~と思うものがあり残念でした。後日、担当者から内容を含めて報告を受ける予定で、大変楽しみにしています。

さて、本日は土曜日ですが、育友会主催で学校周辺(校舎内含む)の通学路を中心に美化活動をしていただきました。(育友会からの報告は後日)

多数の保護者にご参加いただくとともに、生徒会役員はじめ運動部、文化部の生徒も沢山参加してくれ、見違えるほど綺麗になりました。暑い中参加していたただいた方々にお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

さて、昨日、兵庫県普通科高等学校長会の総会・研究協議会に参加してきましたが、午後の講演講師は、元東京千代田区麹町中学校長(現、横浜創英中学・高等学校長)の工藤勇一先生でした。

宿題や定期考査を全廃、固定担任制の廃止、服装頭髪指導の廃止など「学校の当たり前をやめ」独自の学校経営で大きな成果を上げられた校長先生ですので、90分の講演時間があっという間に終了してしまいました。

日本の教育制度自体に切り込むような壮大な内容のお話に圧倒されましたし、すぐに北三に活かせるか?よく考えないといけないと思っています。その中で、①手をかければかけるほど生徒は自律できなくなり、自分がうまくいかないことを誰かのせいにするようになる⇒自分できめる習慣をつける必要がある。⇒3年間「勉強しなさいと言わない」②学び方の習得が大切⇒聞く、調べることが大切③良い学校をつくるには、本物の最上位の目標を職員が共有することが大切⇒全員が当事者になって議論することが大切。等々、その他にも沢山の視点、観点でお話をいただきましたので、職員、生徒とともに今後の北三に活かせるようにしていければと思っています。 校長 廣瀬雅樹