日別アーカイブ: 2020年8月17日

「北三 校長室から」No86(R2.8.17)酷暑の後期補習

「浜松で国内の史上最高気温41.1度に2年ぶりに並びました。」というニュースが本日の昼過ぎに流れました。昨日が40.9度だったので、連日40度を超えています。2018年が猛暑、酷暑だったのですが、それに匹敵するほどの酷暑となっており、熱中症に最大限の警戒をするよう気象庁も呼びかけています。

そんな中、3年生の後期補習が本日から始まり、午後になっても生徒の声が聞こえているので覗いてみると、今日と明日の2日間「金属陽イオンの系統分析」という化学の補習実験をしていました。

新型コロナの影響もあり、複数の教科で実験が思うようにできなかったこともありましたが、例年、この補習期間に実験をしているようです(広報担当から詳しい報告があるかもしれません)。暑さに負けず、夏を乗り切ってくれることを期待しています。

さて、お盆の間は少しだけ夏季休暇を取りましたが、実家のお墓参りをしただけで、後は家にこもっていました。昼間に外に出て太陽を浴びると、痛いぐらいの日差しだったので、体調も考えてクーラーのきいた部屋で過ごしてしまい、なかなか外に出られませんでした。高校野球の交流試合も見ましたが、この暑さの中でよく頑張っているな~と思うとともに、例年のようにアルプス席に応援団が入っていたら、この暑さで多くの人が熱中症で救急搬送される事態になっていたのではないか・・・とも思います。

この暑さは、まだまだ続く予報が出ています。来週24日(月)から授業再開ですが、生徒には新型コロナとこの暑さに負けず、体調を整えて元気に登校してくれることを願っています。校長 廣瀬雅樹