日別アーカイブ: 2020年8月3日

「北三 校長室から」No84(R2.8.3)33回(3年)生の思い

今日から夏休み。とはいえ、3学年とも午前中は補習を行っていますし、同時に保護者を交えた3者面談も行っているので、多くの生徒が登校しています。午後からは部活動もあるので、活気という点では先週と変わりません。

で、朝、学校に着くと、中庭に多くの先生が出て、校舎を見上げているので、「何かあったの?」と声をかけると

校舎に巨大なモザイクアート(壁画)があり、びっくりするとともに感動しました。5月の臨時休業中に今年の北摂祭「文化の部」中止を決定し、生徒・保護者にお知らせをしましたが、その際、33回生(3年生)の先生方から「思い出になる作品を3年生全員で制作したい」との要望があることは、以前このブログにも書きました。それが完成したのです。

生徒が登校できるようになった6月以降、第3学年の先生方と3年生で完成させた壁画で、よく見ると、今年の冬の修学旅行時にスキー場で撮影した全クラスの集合写真でした。33回生の絆を象徴する素晴らしい作品だと思います。

新型コロナの影響で授業だけではなく校行事や部活動にも大きな制限がかかり、中止や内容変更を余儀なくされています。加えて、ここ数日感染拡大が止まらない状況ですので、「体育の部」も時間短縮をせざるを得ないと思っています。そんな状況ですが「3年生の種目=3年生が考えた演技をプログラムの最後に入れさせてください。」との要望があり、快諾しています。

初めて教師になった高校で、最初に私が担当した学年の最後の体育大会、「3年生だけで思い出を作らないか?」と当時気心のしれた3年生に声をかけ「3年生だけの時間を設定し、教師冥利に尽きる最高の思い出をつくれた」ことがありました。

校長という立場では、あまり無茶なことを認めることはできませんが、33回生の思いがつまった演技(種目)を楽しみにしたいと思います。  校長 廣瀬雅樹