日別アーカイブ: 2020年2月14日

人間科学類型(1-6)特別授業④

 2月10日(月)2限、兵庫県立大学国際商経学部 森谷義哉 准教授に「経営学とは -統計学の立場から-」というテーマで特別授業をおこなっていただきました。

 授業の始まりは、その独特な朴訥とした話し方に、大学の先生らしくない?印象を受けました。しかし徐々に、テンポの良いプレゼン資料と巧妙なやり取りに惹き込まれ、あっという間の65分でした。

 理学部数学科出身の森谷先生は、経営学(国際商経学部)で統計学を教えていらっしゃるそうです。数学科と経営学とは、一見畑違いの分野に感じていましたが、その説明を聞くにつれ、一見違う学問分野でも実は関連性があることを学びました。今、高校の授業で学んでいるすべてのこと、学校生活すべてが、私たちの将来の学びにつながっていることを改めて教えて頂きました。

人間科学類型(1-6)特別授業③

 2月4日(火)2限、朝日放送テレビ株式会社 技術局放送実施部 神田雅之 先生に「放送局での仕事と働く人々」というテーマで特別授業をおこなっていただきました。前回までの大学の先生とは異なり、民間企業でしかも私たちも毎日拝見している朝日放送から先生が来られることに、どんな話が聞けるのか期待が膨らんでいました。

 先生の話をよく聞いていると、私たちの知っているテレビの中の世界はほんの一部分で、残りの大部分は意外にも他の民間企業と変わらないことに驚きました。人事や経理・営業など、マスコミとは直接関係のない部門で働いている方たちもいて、毎日の放送が支えられているのだとわかりました。神田先生ご自身は理系学部出身でテレビやラジオ放送を技術的に支える部門に所属されているそうです。

 また神田先生からは、「話し上手」にはなれなくても、だれでも「聞き上手」にはなれる。と教えて頂きました。コミュニケーションに自信がない生徒にとって、思ってもみない一言でした。これからは少し自信が持てるようにも感じました。

 これまで憧れでしかなかったマスコミ業界が、少し近くに見えた、はっきり見えた一日でした。

女子硬式テニス部日誌「市立西宮高校練習試合」

令和2年2月8日(土)本校にて、市立西宮高校と練習試合を行いました。市立西宮高校とは、夏以来の練習試合となりました。実力もそうですが、テニスに対する姿勢も、本当に学ぶべきところの多い学校で、こうして練習試合の相手をしてくれる事は本当に有難いことだと思います。

来週の水曜日から考査1週間前に入り、しばらくテニスから離れる事になりますが、今回の練習試合での気づきが、考査明けの練習から生きるように、しっかりと反省をしておいて欲しいと思います。

考査明けからは、春季ジュニア、総体と、一気に本戦目指して駆け抜けていく事になると思います。悔いの残らない試合になるように、頑張って下さい!!