日別アーカイブ: 2020年1月9日

「北三 校長室から」No54(R2.1.9)ギアをあげる

昨日は春の嵐?のごとく夕方まで暴風が吹き荒れ、臨時休業となりましたので、本日改めて全校集会(表彰式含む)を実施し、2020年のスタートをきりました。

私からは「同じ方向を向くとギアがあがる」をテーマに話をしました。箱根駅伝優勝の青山学院大学も原監督を含め選手が一つになって同じ思いで優勝を目指したことで選手のギアが一段、二段上がったと思う。また、年末、「スーパーキッズ・オーケストラ」の卒業生で結成された弦楽ユニット(スーパーストリングスコーベ)のステージに行った時、スパーキッズ・オーケストラの創始者であり今もその活動の中心的役割を担っておられる世界的指揮者の佐渡裕さんが登壇し「では、一曲だけ、振りますか」で始まった演奏は、それまでも素晴らしかったが、今までとは異次元の迫力と音量であり、一心不乱に演奏する卒業生たちのギアは間違いなく数段上がったと感じた。

スポーツや芸術の世界だけではなく、日常生活の中でも同じようなことは起こっていて、「今までできなかったことができるようになった。」「今まで分からなかったことが理解できるようになった。」のは個人の能力、つまりギアが上がったからできたことであり、自分の目指している目標が自分と関係のある周りの人(家族、先生、友人)と同じであると、より効果的に大きく上がると思う。加えて、今年は皆と一緒になって、「北三のギアをもっともっと上げていきたい」・・・そんな話を生徒にしました。2020年が北三にとって飛躍の年になるよう全職員とともに頑張りたいと思います。 校長 廣瀬雅樹