日別アーカイブ: 2019年10月1日

北摂祭体育の部・3学年より

北摂祭体育の部が開催されました。これは三年生にとって人生最後の体育大会になるのではないかと思います。

今年度は、考査が4回から5回に変更されたことにより、北摂祭が分割され、体育の部が5月から9月へ移動されました。本校の体育の部は、陸上競技の色の濃い体育大会ですので、季節が変わったことにより、大きく動向が変わりました。3年生は、ひと夏で一気に体力が落ち、1年生はこのひと夏で、大きく力を蓄えた体育大会になりましたので、例年であれば、最も体力のある3年生が上位を独占するケースも多くあり、3年生には独特の貫禄がありました。

しかし、今年度の3年生は、肌も白く、体力は驚くほど落ちているので、リレーにおいては、気持ちはあれど体が重く足が動かない様子で、放送部の「頑張ってください。」の言葉が痛々しくも思えました。ただ、それでも全力を尽くして走る3年生の姿には、心を打たれました。そして、久々に体を動かした喜びか、走り終えた後のなんとも爽やかな笑顔がとても印象的でした。そこには、順位とか勝負の結果ではない、その時間を満喫して楽しんでいるように思え、その成長した姿に感動しました。

綱引きでは、3年生同士の決勝戦になり、4組のハカに始まり、手に汗握る名勝負を見せてくれました。あの勝負は、見るものすべてに感動を与える最高に格好いい勝負だったと思います。

体育の部の結果としては、総合優勝は1年生に取られ、3位に6組が何とか入れただけとなりましたが、3年生が違った意味で、ゆるぎない存在感を見せてくれた体育大会だったと思います。

当初は、無理しすぎて大きな怪我だけはするなと願うばかりでしたが、皆さんの成長を目の当たりにし、なんとも言えない幸せな気持ちで観戦していました。

チーム32回生は、素晴らしい学年になってくれたように思います。あとは、自分の納得のいく進路実現をするのみです。

何度も、同じことを話していますが、追い込まれたときに、人間は本性が出るものです。追い込まれたときに、周りのアドバイスに振り回されて、自分を見失うことだけは無いように、受験校を決めてほしいと思います。悔いを残さないよう、全力で頑張ってください。
(学年主任より)

<総合成績>
優勝  1年4組  準優勝 2年4組  ☆第3位 3年6組
<スウェーデンリレー>
☆準優勝 3年2組
<男子800mR>
☆優勝  3年4組
<綱引き>
☆優勝  3年4組  ☆準優勝 3年2組

(選手宣誓)

(北摂体操)

(障害物競走)

(1000mR)

(棒引き)

(玉入れ)

(ハカもどき)

(綱引き)

(大縄跳び)

コーラス部 総合文化祭の合同練習

9月21日(土)に三田松聖高校にて、兵庫県高等学校総合文化祭合唱部門演奏会の合同練習をしました。本校のコーラス部は2名ですが、助っ人が1名参加して合計3名で出場します。他校との合同練習は、人数がぐっと増えるためパート間でも切磋琢磨できたようです。

指揮の西岡茂樹先生はいつもながら心にしみる指導をしてくださり、部員たちもより深く表現して歌えるようになっているように感じます。まだまだこれからが本番ですが、練習を積み重ね、たくさんのことを得てほしいと思います。

10月26日(土)兵庫県総合文化祭開会行事 (郷の音ホール)

11月16日(土)兵庫県総合文化祭合唱部門演奏会(郷の音ホール)

11月17日(日)丹有連合音楽会(郷の音ホール)

邦楽部 「三田市社会福祉協議会・多世代交流館「ふらっと」訪問演奏」

秋も深まる9月28日(土)、三田市社協さんの依頼を受け、三田市の中心にある多世代交流館「ふらっと」で演奏してきました。「ふらっと」は様々な世代の市民の方が交流するフリースペースで、ダンスを練習する小学生や、卓球を楽しむ親子、手芸や囲碁や将棋を楽しむ年配の方、小さな子供を連れた若いママさんなど、本当に様々な年齢の方が同じ空間に集まっていました。平日の夜には、本校の生徒もよく自習スペースとして使っているそうです。今日は、それぞれの活動の手を止めて、また、わざわざ演奏を聴きに来てくださった方など30名ほどの方々が、10分間の演奏を聴いてくださいました。曲は、県大会で演奏する「六段の調」と「波の戯れ」です。

そのあと15分ほどインタビュー・タイムがあり、「なぜお箏をやろうとおもったのですか」「邦楽部に入ってよかったことは何ですか」「将来の夢は何ですか」「目をつぶって箏を弾けますか」「とてもおしとやかなお嬢さん方ですが、おうちでも皆さんおしとやかですか」「部員は何名ですか」などいろいろな質問が飛び出しました。子供向けの曲のリクエストも出て、大人から子供まで、手をたたきリズムをとりながら楽しみました。

邦楽部としては初めての試みでしたが、とても楽しい25分間でした。生徒たちも、観客席からの多くの反応があったことがとても嬉しく、特に、演奏をほめてくださったこと、本校の邦楽部を昔から噂をよく聞いていると言ってくれたこと、もっと聞きたかったという声があったことがとても励みになりました。これからもできる限り地域へ出ていき、お箏や伝統文化の良さをもっともっと広めていけたらと思います。

演奏をお聞きいただいた地域の皆さん、ありがとうございました!

 

秋の活動予定

・10月5日(土)①12:00~②13:00~ ひとはくサロンコンサート&お琴教室(人と自然の博物館)

・10月14日(月・祝)14:00~ 都山流尺八演奏会ゲスト出演(15:30~出演予定)(郷の音ホール小ホール)

・11月4日(月・祝)10:00~ 第43回兵庫県高等学校総合文化祭邦楽部門演奏会(いたみホール)