日別アーカイブ: 2019年9月27日

陸上競技部 2019近畿ユース 報告

祝!8位入賞しました。

僕は先日行われた、近畿高等学校ユース陸上競技対抗選手権大会の三段跳に出場しました。
自己ベストを更新して優勝することが今回の目標だったのですが、全く自分の思う跳躍が出来ず、結果は自己ベストにも遠く及ばず、8位という順位に終わってしまいました。
人生初の近畿大会で萎縮してしまい、堂々と競技できなかったことが、これらの結果に繋がってしまったと思います。
また、技術の面でも多くの課題を見つけることが出来たので、一つ一つと向き合い、次の記録会や来シーズンに大きく自己ベストが更新できるように取り組んで行きたいと思います。
最後になりましたが、様々なことを教えてくださった顧問の先生方、和歌山まで足を運んでくださった先輩方、応援してくださった友人達、そして支えてくれた家族、本当にありがとうございました。さらなる練習を積み、この経験を生かして頑張っていきます。

兵庫県立北摂三田高等学校陸上競技部
一年   宮田晴人

女子ソフトテニス部 伊丹北との練習試合

女子ソフトテニス部活動報告vol.14
9月15日(日)午前中、本校にて伊丹北高校との練習試合を行いました。雲一つない晴天で暑い中でしたが、伊丹北高校としては来週の阪神新人個人戦、本校としては今月末の丹有新人団体戦に向けた良い調整ができました。

両校合同で乱打を7分×3の21分間行った後、4時間のゲーム練習を3面展開で行いました。ペア数が互いに少ないこともあり連続試合となるペアもたくさんありましたが、そういった環境下でいかにゲーム展開を作るのかという練習ができたと思います。公式戦でもトーナメント制の個人戦では勝ち上がれば上がるほど連続試合となっていきます。上位進出を目指す上で連続試合となることは避けられず、その中でボール運びや相手よりも早いゲーム作り、仕掛けが必要となり、いかに省エネで試合できるかが勝負のカギとなっていきます。

ゲーム練習では審判やコート整備を素早く自主的に行動する姿勢が見られ、効率的に試合を回すことができたので各ペア5試合程度することができました。伊丹北高校とはここ2年間ほど半年に一度のペースで練習試合をさせていただいている関係です。互いに県大会で会えるよう健闘を祈って練習試合を終えました。

図書委員活動「カバーリング」

9月20日(金)放課後の時間を使って、図書室でカバーリング作業を行いました。カバーリングは本を長持ちさせるための、大事な作業です。

文庫本から大型本まで、今回は新着本が60冊入りました。

カバーリング担当の図書委員は、経験者に教えてもらいながらカバーリングを行いました。

  

女子硬式テニス部日誌「夏季ジュニア本戦」

令和元年9月21日(土)、神戸総合運動公園にて夏季ジュニアテニス選手権大会の本戦が行われました。本校の松岡さんが、予選で優勝したため、この本戦大会に出場する事になりました。この日は、選手全員で松岡さんの応援をし、その後本戦の見学をする事にしました。
松岡さんの初回戦の相手は、県第1シードの相生学院所属の選手でした。一見するとツキのないドローのようにも思えますが、考え方を変えると全国レベルの選手と試合をする機会は、経験としては非常に貴重なものだと思います。




結果として1-6で敗退してしまいましたが、負けた事よりも内容が少し受け身になってしまった事が今後の課題だったように思います。とは言え、県の第1シードから1ゲームを取る事ができた事自体は、前向きにとらえて欲しいと思います。

その後の本戦見学でも、本当にレベルの高い試合をたくさん見学する事ができました。フットワークの良さ、フォームや打点が安定してる事、体幹が強く頭がぶれずにスイングできている事、見習うべき事がたくさんありました。
明日からの練習にフィードバックし、本戦選手の良いところをたくさん吸収してほしいと思います。