日別アーカイブ: 2019年9月3日

8月30日 ありがとう「京」シャットダウンセレモニー

8月30日(金)、理化学研究所 計算科学研究センターのスーパーコンピューター「京」が、惜しまれつつも約7年間の役目を終え、その幕を下ろしました。

2011年に計算速度世界一を記録し、医療や天候予測などさまざまな最先端研究に大きく貢献した「京」は、9期連続ビッグデータ処理世界一を記録したまま、後継機「富岳」に引き継ぐことになりました。

そのシャットダウンセレモニーに、大変光栄なことに北摂三田高校が選ばれ、生徒6名が参加しました。

夏休みから理化学研究所の方やセレモニー担当の方々と念入りに打ち合わせし、生徒たちでメッセージを考え、練習してきました。

   
<打ち合わせの様子>

<向かうバスの中で練習>

<見学ではこの距離ですが>
 
<立ち位置などの打ち合わせ>

<こ、このボタンは・・・!>

そして本番当日、予想を上回る報道カメラの数とたくさんの人の目に緊張しっぱなしだったようですが、生徒たちは無事に役目を果たすことができました。
  

(演出の関係上)シャットダウンの際には「京」のラックの間に隠れていた生徒たちは、「京」が熱を失っていくところを一番近くで立ち会っていました。
大勢の人に愛された「京」の最後に、唯一の高校生として立ち会えたことに、生徒たちは大変感動していました。

その様子は、一部メディアで生中継されたり、ニュースでも取り上げられました。

セレモニー後、理学研究所の松本理事長が生徒たちのもとへお越しになり、生徒たちの将来の夢や、部活動などを尋ねてくださいました。
また帰る際には、そうそうたる方々が、「僕が『京』の名前をつけたんだよ。」「僕は『京』の設計者だよ。」と話しかけてくださいました。
理事長も、理研の方々も、楽しそうに愛おしそうに「京」のことを話すのがとても印象的でした。
研究者とは、こんなにも夢のある楽しい職業なんだと実感し、ほかの北三生にも伝えたいなと思いました。
   

今回、貴重な体験をさせていただいたことに大変感謝しています。
  
そして、北摂三田高校が今回選ばれた理由は、
「全国で初めて見学を行った高校だったから。」
でした。
一位じゃなきゃダメだったんですね!

打ち合わせで理研の方に質問した答えがかっこよかったので紹介します。
Q.後継機の「富岳」は、一位を目指されているんですか?
A.いいえ。もう一位は目指していません。次は、ユーザーの使いやすさと省エネです。

女子硬式テニス部日誌「三田市ダブルス大会」

令和元年8月22日(木)下青野テニスコートにて、三田市ダブルス大会が行われました。三田市ダブルス大会は、三田市内の学校のみで行われるダブルスのローカル大会です。本校にとっては、合宿でダブルスの練習を多めにやってきた成果を試す大事な大会となります。
朝7時に集合し、コートを3面借りて1時間練習した後、大会に臨みました。




本校のペアでは、松岡・川岸ペアと松本・高階ペアがベスト4に残り、松岡・川岸ペアは三田学園のペアと決勝戦を、松本・高階ペアは三田祥雲館のペアと3位決定戦を行う事になりました。
松本・高階ペアは、序盤にペースを掴み4-1でリードするも、一度流れを逃し、4-3まで追い上げられましたが、そこから逃げ切り3位入賞を果たしました。



松岡・川岸ペアの相手は、新人戦でも本戦に出場しているペアで、今大会でも決勝戦まで1ゲームも与えずに勝ち上がってきていました。そんな相手に、序盤は接戦を繰り広げ4-4まで拮抗したゲームが続きました。しかしこのゲームで三田学園の選手が力で押し切り、4-5にされてしまいました。流れが三田学園に傾きかけた4-5のゲームでは、本校の選手にもう少しリスクを負って流れを引き戻す積極的なプレーが要求される場面でしたが、もう一つ壁を乗り越える事ができず、そのまま4-6で負けてしまいました。



残念な部分もありましたが、結果として松岡・川岸ペアが準優勝、松本・高階ペアが3位という事で表彰されるベスト3までに、本校のペアが2ペア入る事ができ、一定の成果をあげる事ができたと思います。
また1年生で軟式テニスの経験もない、全くの初心者同士のペアが初勝利を挙げた事も見逃せない成果だったと思います。



次の大会は、8月31日(土)から行われる個人戦、夏季ジュニアテニス選手権大会です。新人戦よりも、本戦の切符の数が少ない厳しい大会です。夏休みで付けた力を存分に発揮して、本戦目指して頑張ってほしいと思います。



今年の三田市ダブルスは、三田市テニス協会のご協力のもと、三田松聖の先生が中心になり、三田市各校の顧問の先生方の運営によって行われました。準備撤収に三田松聖の選手たちも協力してくれました。また株式会社ムーブの方もレッスンコーチとして参加して下さいました。そして、たくさんの保護者の方々が送迎や応援に駆けつけてくれました。本当にありがとうございました。
今後もたくさんのご支援を感じながら、成長を続けていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

三田市ダブルスの結果はコチラ