日別アーカイブ: 2019年8月27日

女子硬式テニス部日誌「新人戦個人戦本戦」

令和元年8月19日(月)赤穂海浜公園にて、新人戦個人戦本戦が行われました。




本校からは、予選ブロックで優勝した松岡さん、川岸さん、瀬戸さんがシングルスに、松岡・川岸ペアがダブルスに出場しました。


最初はダブルスから行われ、初戦は強豪啓明学院のペアとの対戦となりました。最初のゲームで積極的に前衛が動き、順調にキープできましたが、次のゲームはいい流れではあったものの、ミスが続き相手にサービスをキープされてしまいました。しかしミスの内容は悪くなく、このまま強気で臨んでいけば良かったのですが、少しミスを引きずってしまい、少しずつプレーが消極的になってしまいました。その結果6-2で敗退してしまいました。



次はシングルスでした。松岡さんは宝塚東高校の選手と対戦し、瀬戸さんは伊丹西高校の選手と対戦しましたが、惜しくも敗退してしまいました。川岸さんは、初戦で兵庫高校の選手と対戦し、勝利しましたが、次の試合で啓明学院に敗退してしまいました。川岸さんは、何とか本戦で1勝を飾る事ができ、まずまずの結果だったのではないでしょうか。



本戦では予選より1ランク上の戦い方が要求されます。精神的にもより積極性が必要です。この体験を、自分の殻をやぶるきっかけにして欲しいと思います。これから、赤穂を出発し、青野スポーツホテルでの合宿に直行します。ここでの体験を合宿の練習にフィードバックし、さらなる飛躍につなげて欲しいと思います。

最後に、新人戦本戦を運営して下さった西地区の顧問の先生方、応援に来て下さった保護者の方々、テントに一緒に入れてくれた三田学園の方々、本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。

「北三 校長室から」No30(R1.8.27)心機一転

すっかり秋らしくなって今日はクーラーも扇風機も使用しなくても仕事ができています。夏休みもあと2日、29日(木)から学校再開です。各運動部もそれぞれ頑張っており、今日は野球部が県大会出場を目指して、10人という少ない部員数ですが敗者復活4回戦に挑んでいます。

また、校内でも学校が始まるまでに様々な環境整備に心機一転取組んでいます。以前お知らせした柔道場の補修も、本日、最終の畳入れ替え工事をしています。

  今までとは全く違う色合いになるようです。

また、食堂業者が変更になることを契機として、自販機の設置位置を体育館外(玄関脇)に移動させることとし、順次設置をしています。

 あと3台、設置することとなっています。

生徒にとって学校生活がより充実したものになるよう今後とも環境整備に取組んでいきます。長いようで終わってしまう夏休み明けが心配ですが、生徒全員が元気に登校してくれることを期待しています。 校長 廣瀬雅樹