月別アーカイブ: 2019年8月

女子硬式テニス部日誌「新人戦個人戦本戦」

令和元年8月19日(月)赤穂海浜公園にて、新人戦個人戦本戦が行われました。




本校からは、予選ブロックで優勝した松岡さん、川岸さん、瀬戸さんがシングルスに、松岡・川岸ペアがダブルスに出場しました。


最初はダブルスから行われ、初戦は強豪啓明学院のペアとの対戦となりました。最初のゲームで積極的に前衛が動き、順調にキープできましたが、次のゲームはいい流れではあったものの、ミスが続き相手にサービスをキープされてしまいました。しかしミスの内容は悪くなく、このまま強気で臨んでいけば良かったのですが、少しミスを引きずってしまい、少しずつプレーが消極的になってしまいました。その結果6-2で敗退してしまいました。



次はシングルスでした。松岡さんは宝塚東高校の選手と対戦し、瀬戸さんは伊丹西高校の選手と対戦しましたが、惜しくも敗退してしまいました。川岸さんは、初戦で兵庫高校の選手と対戦し、勝利しましたが、次の試合で啓明学院に敗退してしまいました。川岸さんは、何とか本戦で1勝を飾る事ができ、まずまずの結果だったのではないでしょうか。



本戦では予選より1ランク上の戦い方が要求されます。精神的にもより積極性が必要です。この体験を、自分の殻をやぶるきっかけにして欲しいと思います。これから、赤穂を出発し、青野スポーツホテルでの合宿に直行します。ここでの体験を合宿の練習にフィードバックし、さらなる飛躍につなげて欲しいと思います。

最後に、新人戦本戦を運営して下さった西地区の顧問の先生方、応援に来て下さった保護者の方々、テントに一緒に入れてくれた三田学園の方々、本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。

「北三 校長室から」No30(R1.8.27)心機一転

すっかり秋らしくなって今日はクーラーも扇風機も使用しなくても仕事ができています。夏休みもあと2日、29日(木)から学校再開です。各運動部もそれぞれ頑張っており、今日は野球部が県大会出場を目指して、10人という少ない部員数ですが敗者復活4回戦に挑んでいます。

また、校内でも学校が始まるまでに様々な環境整備に心機一転取組んでいます。以前お知らせした柔道場の補修も、本日、最終の畳入れ替え工事をしています。

  今までとは全く違う色合いになるようです。

また、食堂業者が変更になることを契機として、自販機の設置位置を体育館外(玄関脇)に移動させることとし、順次設置をしています。

 あと3台、設置することとなっています。

生徒にとって学校生活がより充実したものになるよう今後とも環境整備に取組んでいきます。長いようで終わってしまう夏休み明けが心配ですが、生徒全員が元気に登校してくれることを期待しています。 校長 廣瀬雅樹

8月19日(月)第1回オープンハイスクール

8月19日(月)に、本校第1回目のオープンハイスクールが行われました。
これまでの学校説明会、人間科学類型説明会とは少し違い、今回は学校の様子を見て、授業を実際に体験してもらいました。
暑い中お越しくださった中学生と保護者のみなさん、そして中学校の先生、ありがとうございました。

本校では前日、前々日から育友会の方々や部活動の生徒たちが大掃除を行い、準備をしてきました。
  
当日は、曇りのち雨との予報でしたが、何とかもってくれて晴れのうちに行うことができました。(本校総務部長が晴れ男だからでしょうか?)

全体会のあと、中学生はそれぞれの希望する体験授業に参加しました。
   
中学校との雰囲気の違いや、授業の面白さなどを感じていただければ幸いです。
         
そのあとは、部活動を見学していただきました。
本校は勉強だけでなく、部活動にもとても熱心に力を入れているので、どの部活動も中学生の入部を心待ちにしています!
(その熱意、オープンハイで伝わったでしょうか?)

次回は11月9日(土)の第2回オープンハイスクールです。
ここでは実際の北三生の授業風景を見学していただきます。
今回、惜しくも参加できなかった中学3年生と、中学2年生・保護者の方が対象です。
次回お会いできるのを楽しみにしています!

追伸:ハンカチの落とし物がありました。
心当たりの方は本校事務室までご連絡ください。

女子ソフトテニス部 丹有選手権 団体戦 優勝2連覇

女子ソフトテニス部活動報告vol.9
 8月9日(金)、下青野テニスコートにて丹有選手権の団体戦が開催されました。昨年の同大会で優勝を果たしたため、開会式では優勝盾の返還を行いました。この優勝盾を再び持ち帰ることを目標に一致団結して戦いを進めていきました。

前回大会覇者として追われる立場となり、若干緊張の面持ちが見受けられましたが、予選リーグを無事勝ち上がり、決勝リーグでは強敵の祥雲館と柏原に何とか勝利することができ、団体優勝・大会2連覇を果たしました。

 昨年はこの大会で優勝を果たしながらも肝心の新人戦で地区4位となってしまい悔しい思いをしました。今年は新人戦でも優勝することを目指して気を引き締めて練習していきます。

女子ソフトテニス部 丹有選手権 個人戦 優勝

女子ソフトテニス部活動報告vol.8
 8月8日(木)、下青野テニスコートにて丹有選手権の個人戦が開催されました。この個人戦は地区新人戦のシードをかけた争いで、まさに新人戦の前哨戦ともいえます。

 この大会で小野寺・池谷組が初優勝を果たしました。前日に行われた県民大会での県ベスト16入り、近畿大会に向けた県新人戦でのシード権確保の勢いそのままに、これまであと一歩で手が届かなかった地区優勝の栄冠を手にしました。

また、サーブが好調で粘り強い戦いを見せた井上・濱渦組、パッキンに入りながらも第4シードを撃破して怒涛の快進撃を繰り広げた今北・松本組がベスト8に入りました。この結果に満足せず、新人戦での躍進を期待しています。

女子硬式テニス部日誌「新人本戦前日練習試合」

令和元年8月17日(土)18日(日)と新人戦本戦出場予定の松岡さん、川岸さん、瀬戸さんの3名が練習試合に遠征に出ました。
8月17日(土)は、須磨翔風高校にお邪魔しました。この学校は公立にも関わらずオムニコートを4面要する数少ない学校です。ダブルスで本戦に出場予定の須磨翔風高校の選手2名と北須磨高校の本戦出場予定の選手2名と本校の3名の計7名で練習試合を行いました。盆明けという事と、新人戦本戦間近で追い込む時期ではないという事で、シングルス・ダブルスを20分で1試合を回す変則的な形式で練習試合を行いました。

8月18日(日)は、芦屋学園にお邪魔しました。オムニコート5面で、男女20名弱の本戦出場予定選手が集まり、練習試合を行いました。ここではシングルス・ダブルスをそれぞれ2-2からの1セットマッチで練習試合を行いました。本戦出場選手ばかりが集まっているので、高いレベルの中での練習試合で、とても有意義なものとなりました。




本戦は、赤穂海浜公園で行われ、サーフェイスはオムニコートです。本戦直前に二日間オムニコートで練習試合ができたのは、それだけでも有意義だったと思います。それに加え、同じ本戦に出場する選手たちとレベルの高い練習試合を行う事ができ、本当によい経験になったと思います。明日は、いよいよ本戦です!!まずは1勝目指して頑張りましょう!!

最後に、今回の練習試合を企画し、運営し、声をかけてくださった各校顧問の先生方、また一緒に練習試合をしてくれた選手の皆さん、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!!

女子硬式テニス部日誌「夏季神戸支部リーグ戦」

    令和元年8月12日(月)神戸総合運動公園にて、夏季神戸支部リーグ戦が行われました。この大会は、新人戦団体戦と同じ、シングルス3本ダブルス2本の計5本で戦う団体戦で、夏と秋に開催される全部で7部で構成される大会です。
    本校は、4部での参加となりました。昨年2年生が2人しかいない中、夏に4部に降格し、秋に4部残留となり、悔しい思いをしました。今年は、人数も揃い、昨年の雪辱を晴らすべく、今大会に臨む事になりました。目標は、もちろん4部優勝です。

    4部は、長田高校、北摂三田高校、須磨友が丘高校、須磨ノ浦女子高校の4校での戦いとなりました。

    最初の対戦は、須磨友が丘高校でした。初戦という事もあり、選手たちは少し硬い様子でしたが、何とか5-0で勝つ事ができました。
    次の対戦は、須磨ノ浦女子高校でした。ここでは、相手がダブルスを崩しにくる意図が見えるオーダーだったのですが、ダブルス1が惜しくも負けてしまったものの、ダブルス2が持ちこたえ、4-1で勝ち切る事ができました。
    最後の対戦は、長田高校でした。相手のシングルス1は、1年生ながらジュニアの選手で、強烈なサーブとバックハンドが武器の選手でした。本校シングルス1の松岡選手は、競り合いにもっていったものの、惜しくも負けてしまいました。その後ダブルス1もタイブレークの末、破れてしまいましたが、何とかシングルス2、シングルス3、ダブルス2と取りきり、3-2で勝つ事ができました。




    結果、全体としては3勝0敗で、4部優勝する事ができました。新チームとしては、初めての団体戦で好スタートを切る事ができ、とても良かったと思います。試合をしていた選手も応援していた選手も、暑い中本当によく頑張ったと思います。本当にお疲れさまでした。そしておめでとうございます。



    もちろん試合内容も応援も、まだまだクリアすべき課題がたくさんありましたが、まだまだこのチームはこれから成長していくチームなので、これからも努力を続けていって更にレベルアップして欲しいと思います。
    今後、秋にかけて、9月末日に予定されている3-4部入れ替え戦、10月初旬の新人戦団体戦、10月末の公立団体戦、11月の秋季神戸支部リーグ戦と団体戦が目白押しです。個人だけでなく、チームとしての力を底上げできるように努力していきましょう!!



    最後に、幹事校として4部リーグ戦を運営して下さった、須磨友が丘高校や須磨ノ浦高校の選手や顧問の先生方、ありがとうございました。また応援に来て下さった保護者の方々、ありがとうございました。これからも応援よろしくお願いいたします。

「北三 校長室から」No29(R1.8.19)第1回オープンハイスクール

曇り空ではありますが、かなり蒸し暑い今日、本校の第1回オープンハイスクールを開催しましたところ、約730名(中学生約430名、保護者約300名)の方々に来ていただきました。体育館での全体説明時は本当に蒸し暑くて、お聞き苦しい点もあったかと思いますが、生徒はよく頑張ってくれました。(詳しくは広報担当から報告いたします)

 

私は生徒主体の説明や発表を行って、ありのままの本校生を見ていただき、本校を選んでいただきたいと思っています。従って、校長からのご挨拶も控えさせていただきましたことをご理解いただければ幸いです。

  模擬授業の一部です。

本日、お越し頂けていない方々には、随時、このホームページを使って学校の様子、魅力を発信したいと思っていますので、よろしくお願いいたします。 校長 廣瀬雅樹

PS.水泳部顧問から「全国総体出場の上田さんが全体18位で健闘した」との連絡がありました。

女子硬式テニス部日誌「伊丹北高校練習試合」

令和元年8月9日(金)本校にて6面進行で、伊丹北高校と練習試合を行いました。

本校にとっては8月12日(月)に行われる神戸支部リーグ戦(団体戦)に向けた、練習試合という位置づけになります。団体メンバー3面、団体メンバー以外で3面を使用し、練習試合を行いました。色々な組み合わせで、試合を行う事ができ、また実力も近く、接戦をたくさん経験できた事は収穫でした。



伊丹北高校はチーム力もあり、テニスの実力だけでなく、チームとしての総合力のあるチームで、本当に良い刺激がもらえる練習試合となりました。この練習試合で気づいた事を明日からの練習試合にフィードバックし、12日の大会に向かって行きたいと思います。

最後に、遠いところ足を運んで練習試合をしてくれた伊丹高校の選手の皆さん、そして顧問の先生、ありがとうございました。これからも、たくさんの練習試合を通してお互いに切磋琢磨できる関係でいられるよう、本校も一生懸命活動していきたいと思います。またよろしくお願いします。

「北三 校長室から」No28(R1.8.17)育友会美化活動

土曜日の早朝ですが、本日8:30から本校生徒が登校時に利用させていただいている学校周辺の通学路を中心に育友会美化活動を実施していただきました。育友会役員の方々以外の保護者の方にも参加していただきましたし、部活動に来ていた生徒と生徒会役員も多数参加してくれました。

  

  終了後、本当にきれいになりました。

私が生徒と一緒に歩いていると、三田市内に住んでいる古い友人から「ゴミ拾い、ご苦労様です。仕事で車を走らせていて、横を通りました。」とメールが入りました。いつもお世話になっている地域の方々に少しでも恩返しができれば・・・と思います。今日、参加いただいた保護者の方々、多くの生徒たち、また先生方に感謝申し上げます。ありがとうございました。 校長 廣瀬雅樹