月別アーカイブ: 2019年4月

男子バレーボール部 前期リーグ戦 結果報告

4月13日・14日に開催された、平成31年度 丹有地区前期リーグ戦の結果をお知らせします。

1部リーグ 第1位!
各戦績
北三 2ー0 篠山産業
北三 2-1 篠山鳳鳴
北三 2-0 三田学園

応援有難うございました!

福知山線事故追悼行事

4月25日(木)1校時の初めに、平成17年に起こった福知山線事故の追悼行事が行われました。
廣瀬校長から話があり、事故で亡くなった方々のご冥福をお祈りし、職員・生徒で1分間の黙祷を捧げました。

<廣瀬校長の話(全文)>
平成31年度 福知山線脱線事故追悼行事
北摂三田高等学校長 廣瀬 雅樹

「生徒の皆さん、おはようございます。校長の廣瀬です。1校時の時間をお借りして、福知山線 脱線事故の追悼行事を行います。
今から14年前の平成17年4月25日、午前9時18分頃、JR西日本福知山線 尼崎駅付近で未曽有の脱線事故が発生し、遠足に向かっていた高校生を含む107名もの尊い命が奪われ、500名以上の方々が負傷されました。
この事故で犠牲になられた107名の中には、本校を卒業して間もなかった16回生4名と13回生1名がおられました。私が以前勤務していた高校の卒業生も犠牲になっています。
志半ばで命を絶たれてしまうことは、ご本人もご家族も無念でしょうが、とりわけ当時19歳、22歳であった皆さんの先輩は、人生これからという時であっただけに、さぞかし無念だったことでしょう。
皆さんには当時の記憶はないかもしれませんが、身内の方々や知り合いの方々には、この事故で亡くなられたり、今だに体や心の傷が癒えない方もおられるのではないかと思います。
私たちは一人では生きていけません。この世に生を受け、「生かされて」生きています。ですから、この自らの「生かされている」命を精一杯大切にしながら、この惨事を風化させない誓いの元、より安全な社会を築くことに努力を重ねることが、亡くなられた方々への慰霊となることだと思います。
そこで、皆さんとともに、この事故で亡くなられた方々のご冥福を祈り、ただ今から黙祷を行いたいと思います。
それではご起立ください。
黙祷
黙祷を終わります。
ありがとうございました。以上で追悼行事を終わります。」

事故当時、本校で勤務されていた古川先生は、本校卒業生5人が犠牲になったこの事故を振り返り、その思いを生徒に伝え続けています。

事故で亡くなった16回生は当時19歳の、クラブ活動に励む活発な生徒たちでした。
いってきますと家を出たまま帰らなくなった彼らの続くはずだった未来と、この心地よい風景から感じる今生きているという命の大切さを考えてほしい。
今3年生である32回生の君たちが、先輩である彼らを思うことで、君たちの中に彼らが生きているように思える。
と古川先生は締めくくられました。
事故当時高校2年生で、先生が受け持っていた19回生の卒業記念碑には
『いのちの絆』
という文字が刻まれています。

授業風景(3年理系化学実験)

普段の北三生の様子を紹介します。
4月24日(水)の5校時に、3年生の理系クラスで化学の実験を行いました。
未知の溶液の中から3種類の金属イオンを分離して確認する、という内容でした。
『金属イオンの系統分離』というテーマです。
各班で未知の試料に様々な試薬を加え、その反応結果から金属イオンを推理します。
沈殿物の色を資料集と見比べています。
炎色反応を試しています。
ろ過の合間にリラックス。

受験生なので、授業の集中力はもちろん目を見張るものがありますが、こういった実験を一生懸命かつ楽しく行える彼らに感心しています。(教科担当談)

また時折、授業風景を紹介していきます。

1年生模索講演会

平成31年4月23日(火)5校時に、1年生対象の模索講演会がありました。
大阪大学大学院工学研究科教授・森 勇介先生にお越し頂き、「理系学問の楽しさ・面白さ」について、ご講演頂きました。
森先生は、機能性結晶の研究を推進しつつ、ベンチャー企業の代表取締役も務めています。
また、僧侶でもあり、多くの役割を果たされています。
今日は、大学の理系研究とは、どのようなものなのかお話しくださいました。
また、運を高める方法のお話しも、面白かったです。
「考えていること・言うこと・行動すること」を一致させることが運を高める方法だそうです!

2年進路指導部紹介

平成31年4月22日(月)の6校時に2年生に向けての進路部紹介がありました。
大学の入試案内や過去問などがある進路指導室の使い方を聞き、2年生の受験に向けた心構えや先輩達の入試データからみる傾向を学びました。
進路指導部の荻野先生から
・5つの時間を固定化し、生活習慣を点検しよう。
・日常の些細な事にも目を向ける感性を磨こう。
・自分の可能性を信じて最後までやり抜く力『GRIT』を持とう。
など、大学入試を見据えた話をたくさん伺い、2年生は熱心に聞き入っていました。
受験までの2年間をやり抜く自分をイメージして、彼ら(2年生)の目はやる気に満ちていました。
※GRIT・・・Guts(度胸)Resilience(復元力)Initiative(自発性)Tenacity(執念)を総称してやり抜く力のことだそうです。

学校到着・解散式

無事3日間のプログラムを全て終え、三田に帰ってきました。帰りのバスでは、疲れて眠る生徒やまだまだ元気いっぱいに歌を口ずさむ生徒など、さまざまでした。

学校到着後、解散式を行いました。

主任の神野先生から挨拶がありました。

3日間という短い期間でしたが、集団生活を通して色々なことを学び、感じたのではないでしょうか。北三での高校生活で34回生が互いに切磋琢磨し、それぞれの目標に向けて、今後も成長していく姿を期待します。

15時35分 学校にて解散

事前に希望していた生徒は、三田駅・エルムプラザ・新三田駅へ向かうバスで帰ります。

15時45分 バス発車

退山式

3日間お世話になったやまとよさん、サンダイフクさんにお礼の挨拶をし、ハチ高原を後にしました。

3日間、いろいろな面でとても良くしていただき、本当にありがとうございました。

1時10分出発

 

bty

火熾し・飯盒炊さん

火熾しとカレーの準備に分かれたが、火熾しに大苦戦。

マッチ、ライター、ガスコンロのありがたみを再確認。

31班中、火熾しに成功したのは4班だけでした。

チャッカマンの力を借りてカレー作り。

なかなか思うように火力があがらない班もチラホラと。

だんだんお腹がすいてきました。

bty