月別アーカイブ: 2018年9月

陸上部 30祝!U20U18日本陸上競技選手権 出場権獲得 3種目3名

祝! 第12回U18日本陸上競技選手権大会
女子走高跳 出場権獲得!!

祝! 第12回U18日本陸上競技選手権大会
男子400mH 出場権獲得!!

祝! 第12回U18日本陸上競技選手権大会
女子400m 出場権獲得!!

2018年10月19日(金)~21日(日)に愛知県・パロマ瑞穂スタジアムにおいて
開催される第12回U18日本陸上競技選手権大会に上記3種目・3名の出場権を
獲得しました。応援よろしくお願いいたします。

女子ソフトテニス部 丹有新人 個人戦 準優勝

女子ソフトテニス部活動報告vol.10
9月17日(月・祝)駒ヶ谷運動公園にて丹有地区新人大会の個人戦が
開催されました。例年、この時期は本校の前期期末試験の直前となり
テスト前部活動禁止期間にあたるため練習がほとんどできず苦戦する
大会となっていましたが、8月に行われた丹有選手権に続き1年生の
小野寺・池谷ペアが準優勝を果たしました!

決勝戦は丹有選手権と同じ対戦となり、前回は大差で負けてしまった
相手にファイナルゲームまで粘る成長を見せてくれました。本人たちは
「勝ちたかった」と悔しい思いをしていると思いますが、準決勝でも
劣勢を跳ね返してファイナルで決勝進出を果たすなど、これまでの先行
逃げ切りのスタイルから粘って逆転を狙えるスタイルへと成長しています。

また、同じく1年生の井上・濱渦ペアが第7位に入賞し県新人への進出を
決めました!個人戦の結果はポイントとして団体戦の組み合わせやシード
に活用されるため、全員が何とか1つでも勝ち上がれるよう健闘していた
のが印象的でした。
顧問

女子硬式テニス部日誌「夏季ジュニアテニス選手権大会」

平成30年9月1日~8日に夏季ジュニアテニス選手権大会が行われました。
秋雨前線の影響で、1日に行われる予定だったダブルスの予選は、多くの試合が9日に延期となりました。

本校では、9月2日にシングルスの本校の山名さんが出場する予選が1ブロック行われました。
山名さんは順調に決勝までコマを進めましたが、第1シードの選手に6-4で敗退し、準優勝となりました。
4-2でアップしていた所から4ゲーム連取される試合展開だったので、悔やまれる部分は多々ありましたが、相手の試合運びが冷静だったというべき試合で、決して内容の悪いものではありませんでした。(今回写真を取り損ねました・・・ごめんなさい)

次の大会に向けて、良い試合運びをする相手に対しても、それを上回ることができる技術とメンタルを身に付けていけるように頑張って欲しいと思います。

今大会では、山名さんのシングルス予選ブロック準優勝の他、萩原さんもシングルス予選ブロックで準優勝しました。
そして今大会では、1年生も少しずつ結果につながってきており、松岡さんがシングルスで予選ベスト4に、松岡・川岸ペアがダブルスの予選でベスト4に入る事ができました。
これからの活躍にも期待したいと思います。

また、ダブルスでは山名・萩原ペアが予選ブロックで優勝し、本戦出場が決定しました。おめでとうございます。
今回第二シードに入っていた猪名川高校のペアは、昨年練習試合で6-0で負けていた相手でした。
その相手に、決勝戦で当たり、6-2で勝利しての本戦出場だったので、これもまたこの1年での成長が感じられる良い大会になったと思います。



今大会は、台風や悪天候などで、試合の延期が続き、本校選手の中にも9月16日に試合をした選手もいました。大変な日程になりましたが、みんなよく頑張ったと思います。
本戦は、9月23日(日)に総合運動公園にて行われます。是非頑張って下さい。

陸上競技部 30近畿ユース 報告

祝!女子走高跳       井上紗耶加 大会2連覇!! 1m71
祝!女子400m       鶴  真彩 第5位入賞 (昨年度6位)
祝!男子三段跳       山本 侑輝 第6位入賞 (昨年度不参加)
男子4×100m 準決勝進出!
男子4×400m 準決勝進出!

先日奈良県で行われました、第51回近畿高等学校ユース陸上競技対校選手権大会
において、昨年度、優勝した女子走高跳では、1m71で大会2連覇。昨年度、6位で
あった女子400mでは、第5位入賞。昨年度、近畿ユースに出場できなかった男子
三段跳では、第6位入賞を果たし、一年間の成長を実感できる大会となりました。
また、故障の不安を抱えている選手のこともあり、現時点での正メンバーで臨めなか
ったリレー種目において、男子4×100mリレー、男子4×400mリレーともに、
準決勝でレースできたことは、このさきチームを考えた場合、とても良い大会であっ
たと考えます。
今シーズン、残り少ない時間となりましたが、さらなる飛躍を求め、頑張ってほしい
ものです。

顧問

女子ソフトテニス部 神戸北との練習試合

女子ソフトテニス部活動報告vol.9

9月2日(日)午前中、神戸北高校にて2面展開で練習試合を行いました。
前日に雨が降ったことでコート状態が心配されましたが、神戸北の部員たち
が朝早くからコート整備をしてくれたおかげで練習試合を行うことができました。
新人戦に続く連日の試合となり疲れている中、本当にありがとうございました。

本校と同様に神戸北高校にも初心者として高校からソフトテニスを始めた子が
いましたが、その成長ぶりに驚かされました。そういったこともあり、現地で
見させていただいた神戸北の練習メニューを参考にして、本校の練習メニュー
をより一層改善していきたいという思いを新たにしました!

本校の上位2番手が兵庫県都市対抗選手権大会の三田市・篠山市代表に選出さ
れたことで残念ながら今回の練習試合には参加できませんでした。
神戸北の上位番手の選手にとっては相手として少し物足りなかったかもしれま
せんが、ぜひ次の機会によろしくお願いしたいと思います。

顧問

33回生 模索・人間科学Ⅰ「ディベート初回授業」

平成30年9月11日(火)4限 模索・人間科学Ⅰで「ディベート」の説明がありました。
後期の模索・人間科学Ⅰでは、これから約19回の授業を使って、ディベート大会が行われます。




ディベートに取り組む中で「決められたテーマについて、インターネットや書籍を使って調べ、自分の意見を論証していく経験」をしてもらい、「論理的思考力」「批判的考察力」「表現力」を養っていってもらいたいと思います。

前半では、これから行うディベートのルールと全体の流れを説明しました。
時間配分などは、北三のオリジナルルールで行う事になります。




後半では、実際のディベートの様子を動画で見てもらいました。
自分たちがどのような流れでディベートを進めていくのか、何となく雰囲気が伝わったと思います。

今回のディベート大会では、クラス内対抗戦を行って代表班を決め、さらに各クラスの代表班でトーナメントを行い、学年最優秀班を決定する予定です。
みなさん、優勝目指してがんばって下さい!!

育友会 美化活動

美化活動

8月18日土曜日8時30分より約一時間、美化活動を実施しました。
今年は、先生方と育友会員、生徒会、ソフトボール部、女子バレーボール部
女子バスケットボール部に参加して頂きました。

総勢約120名で、通学路、学校周辺、校内に分かれて、草ひきやゴミ拾い
など清掃を行いました。お陰様で気持ちよく新学期を迎えられる事と思います。
猛暑の中、ご協力して下さった皆様、本当にありがとうございました。

女子ソフトテニス部 神戸甲北との練習試合

女子ソフトテニス部活動報告vol.8

夏休みの終わりが近づく8月28日(火)午前中に神戸甲北高校と
練習試合を行いました。神戸甲北高校とは春の総体前以来4か月
ぶりの練習試合となりました。丹有地区は3週間ほどありますが、
神戸地区は9月1日(土)に新人戦が行われるため、新人戦前直近
の大事な時期に練習試合をお受けいただきありがとうございました。

神戸甲北の選手は大きな声を出して元気よくプレーをしていたのが
印象的でした。「自分はできる」と思ってプレーをすれば普段以上
のパフォーマンスを発揮できることが脳科学でも指摘されています。
アテネ・北京五輪2連覇の北島康介選手も「勝負脳」と呼んで実践
していたそうです。本校の選手は、こちらが優勢のときには大きな
声を出せるようになってきましたが、劣勢のときには大人しくなって
しまうのがもったいないところです。劣勢のときほど、より一層大き
な声を出し、自分を奮い立たせてもらいたいと思います。

神戸地区の高校とは県大会まで勝ち上がらなければ公式戦で対戦する
ことはありませんが、県大会常連校である甲北との練習試合を通して
ゲームの運び方やボール配球など県レベルの戦い方を学ぶことができ
ました。最後に、県大会で会うことができるよう互いの健闘を祈って
練習試合を終えました。                     顧問

スタディボランティア② 三輪小学校

8月27日、28日の2日間、三田市立三輪小学校で、延べ13名の生徒が
小学校スタディボランティアに参加しました。小学校5年生と6年生の
児童たちを対象に、学習支援の活動を行いました。主に夏休みの宿題
に一緒に取り組み、また小学生と同じ漢字テストを受けて盛り上がる
など2日間という短い期間にも関わらず非常に中身の濃い時間でした。
休憩時間には高校生活や趣味の話をしたり、一緒になって遊ぶ姿も見
られました。皆積極的に児童たちに働きかけ、小学校の先生たちにも
非常に感謝され、是非来年もお願いしますとのお言葉もいただきました。
参加した生徒たちは皆活動の中で教えることの楽しさや難しさ、そして
喜びを感じてくれたことと思います。