日別アーカイブ: 2018年8月28日

陸上競技部 県ユース 報告

男子11名・女子2名が近畿ユースに参加します!

先日行われました、兵庫県高等学校ユース陸上競技選手権大会おいて、
以下の入賞がありましたことを報告いたします。

1.近畿大会出場種目
女子2年走高跳・女子2年200m・女子2年400m・男子共通4×100m・
男子2年三段跳・男子2年400mH・男子共通4×400m
2.入賞種目
男子2年200m・女子2年円盤投・男子2年400m・男子1年400m・
男子2年砲丸投

以上の結果より、男子11名・女子2名が近畿大会に参加いたします。

先日県ユース大会が行われ、男子は8種目で入賞し、個人種目で2種目と
4×100mと4×400mのリレー種目両方で近畿ユース大会に出場する権利を
得ることが出来ました。

今年の県総体では、少しずつタイムの面でも順位の面でも足りず、思い通り
の結果を出すことがなかなかできず、色々なことを学びました。新チームに
なり、県総体での結果を踏まえて学んだことを活かし、今年の夏、しっかり
と陸上競技に取り組んだことが結果として出すことができ、本当に嬉しかった
です。指導してくださった顧問の先生、支えてくださった家族、皆様、本当に
ありがとうございました。

僕自身は4×100mに出場させていただきました。僕は去年の冬から総体シーズン
にかけて、怪我で練習することが十分に出来ず、本当に苦しい時期がありました。
県総体にも出場することができず、仲間のみんなにも沢山迷惑をかけました。
そのこともあり、今回特別な思いをもって、2位で近畿ユース大会出場を勝ち
取れたことは本当に嬉しかったです。しかしながら、そこでも個人個人の実力
不足や課題などが多く見つかったので、それらを改善して来年の県総体では
同じ轍を踏まないように努力していきます。まずは、近畿ユース大会で6位入賞
を果たし、来年の県総体に繋げる大会にします。

兵庫県立北摂三田高等学校 陸上競技部
男子主将 唐渡 匠吾


先日行われた兵庫県ユース大会で、女子は4種目で入賞することができました。
短距離女子部員が少なく、リレーが組めない中、県ユースに出場した女子全員が
決勝の舞台に立ったことは、とても良かったと思います。

私自身は「私は近畿に行けるのか」という不安もありましたが、本当に暑い中で
3日間も応援やサポートをしてくれる仲間をみると気が引き締まり、そのことが
「近畿に行く」という前向きな気持ちに変わりました。結果、近畿を決めたとき
にみんなが自分のことのように一緒に喜んでくれ、共に戦う仲間がいることの
有難さを実感しました。

今回、新チームで初めての県大会ではありましたが、チームとして戦うという基
本的な部分がしっかりあると思いました。同時にまだまだ私自身がキャプテンと
して、周りのことも先を見て考えられていないなど、至らない所があったり、
強豪校と比較するとチームとしても足りないところがたくさんあると感じました。
そういった所を改善するために、私自身がもっとキャプテンとしての自覚を持つ
ことや、チームの中には悔しい思いをしている人がいることを忘れず、今大会の
結果が良くても満足せずに、貪欲に練習に取り組み、もっとチームとしてまと
まっていきたいと思います。
近畿大会でも、全力を尽くしたいと思います。応援よろしくお願いします。

兵庫県立北摂三田高等学校 陸上競技部
女子主将 鶴真彩