日別アーカイブ: 2018年7月30日

33回生 おすすめ本220選 ポスター (情報科)




6月の下旬から7月の上旬にかけて、「社会と情報」の授業で作成した、生徒がおすすめする本を「ポスター」で紹介する「33回生 おすすめ本220選」を図書室前の廊下に掲示しました。




それぞれの生徒が、「どのようにしたら自分の紹介する本を[ 読みたい ]と思ってもらえるか」を考え、表現の工夫に試行錯誤し、Microsoft社のワープロソフト「Word」を使って、ポスターを作成しました。



ポスターセッションにおける研究発表用のポスター作成に、今回の授業で習ったスキルがいきると良いですね。期待しています!!

31回生 人間科学類型 課題研究発表会

7月12日(木) フラワータウン市民センターにて、HokusanGLC人間科学類型発表会が行われました。31回生人間科学類型の課題研究の集大成です。

まずは、全グループのポスターセッション。発表者が自分たちの発表成果を説明したあと、質問や助言など、活発な意見交換が行われました。

全班の発表テーマは以下の通りです。
「育もう三田の郷土愛~JKの母子茶革命~」
「歩きスマホを考える」
「じゃんけん×心理」
「What is the Research Project?」
「記憶と視覚の関係~忙しい生活を送るあなたへ~」
「汗のニオイは消せる!?~ニオイを化学する~」
「濡れない傘をもとめて」
「身近なもので簡単除草~地球にやさしいね~」
「環境にやさしい洗剤~捨てるもので汚れを落とそう~」
「キャップが命を救う!?~GPEMの挑戦~」

続いて、「汗のニオイは消せる!?~ニオイを化学する~」「キャップが命を救う!?~GPEMの挑戦~」「じゃんけん×心理」「濡れない傘をもとめて」「育もう三田の郷土愛~JKの母子茶革命~」の順で、5班のステージ発表が行われました。
日々の生活や高校生らしい発想からスタートした研究や地元に密着した研究など、さまざまな内容がありました。また発表にもクイズやじゃんけん実演などよく工夫されており、質の高い発表となりました。下級生も意欲的に質問などで参加、場を盛り上げてくれました。

最後に大阪大学の吉川先生から講評をいただきました。生徒たちの活動に対してお褒めの言葉やアドバイスを頂戴し、課題研究の大切さや研究のあるべき姿について貴重なお話を聞かせていただきました。

ご来場くださった皆様、応援いただいた皆様、本当にありがとうございました。