日別アーカイブ: 2018年3月7日

1-6特別授業2月14日

 2月14日(水)2限、大阪大学工学部の森勇介教授と根岸和政講師のお二人に来ていただき、「学問研究とメンタルコントロール」という演題で、人間科学類型1年生の特別授業を行っていただきました。
 個人のなかにトラウマを抱えていると、研究活動をはじめ、日常生活でも支障をきたします。そのトラウマを消し去ることが素晴らしい発見や発明などにも結び付くとのことでした。人はいかに「心の筋トレ」が大事か、そして生きていることの重要性を教えていただきました。北摂三田に入学して1年。生徒たちの心には響くものがあったように思います。



ひとはく 「共生のひろば」

 2月11日(日)、人と自然の博物館で開催された第13回「共生のひろば」に参加してきました。ひとはくが主催で年代・経歴・地域を問わず、発表と交流をはかるもので、県下高校から14校23本、大学や民間団体などを含めると87本の発表がありました。
 本校からは、人間科学類型2年生が「汗のニオイは消せる?!~ニオイを科学する~」というテーマで発表をしました。ひとはくの研究員の方や一般の方が足を止め、発表を聞いてくれました。また、多くの質問もあり、さらに研究進めて行くうえで大いに参考になりました。



第30回卒業証書授与式




平成30年3月1日(木)10時より、第30回卒業証書授与式が挙行されました。
前日より天気も心配されるところでしたが、30回生の門出を祝福するにふさわしい晴れやかなよき日となりました。

国歌斉唱を終え、30回生生徒271名の呼名の後、30回生の代表生徒が卒業証書を受け取りました。




校長先生による式辞の後、育友会会長、同窓会会長より祝辞を頂きました。









在校生より、30回生の先輩方への感謝の気持ちのこもった送辞の後、卒業生より
保護者の方々、友人、後輩、先生方への感謝の気持ちと次のステージに向けた意気込み
のこもった答辞が述べられました。






式歌として「仰げば尊し」「蛍の光」を歌った後、30回生にとって高校生として
最後の「校歌」が斉唱されました。
力強い歌声に30回生生徒たちの成長と今後の活躍に対する期待を感じました。



式後、体育館前にて学年団の先生方と30回生卒業生による交流が行われました。



30回生の皆さん、卒業おめでとうございます。
北摂三田高校の高校生活でのあらゆる経験が、みなさんの今後の活躍にほんの少しでも
役立ってくれれば、これに勝る喜びはありません。
皆さんの今後の活躍を期待しています。3年間お疲れ様でした。