日別アーカイブ: 2017年6月29日

職員救急法講習会

6月14日(水)午後、職員対象の救急法講習会を実施しました。
講師には三田市消防本部の救急隊員の方2名がきてくださり、班ごとに分かれて講習を行いました。
 まずは人形を使って心臓マッサージを全員が2分間行いました。2分間心臓マッサージを行うと想像以上に体力を消耗し、正しい姿勢で実施する大切さや、できるだけたくさんの交代要員が必要なことなどを実感しました。
 次に、AEDを用いた心肺蘇生法の一連の流れを学びました。
 最後に、部活動中に発生した頚椎損傷が疑われる場合などに備えて首の固定の仕方や体位変換などを教えていただき、とても充実した講習会になりました。毎年1回救急法の講習会を実施していますが、心肺蘇生法のガイドラインは年々変化しており、年1回の講習を行う意義を再確認しました。
 三田市消防本部の方々、本当にありがとうございました。

6月13日(火) 模索講演会(1年)

6月13日(火)3限、中間考査前日の最後時間に、KE教育コンサルタント代表の蔵下克哉さんに「大学進学と社会で働くことを考える」という演題で模索講演会(1年生)を行っていただきました。
社会の発展とともに無くなる職業の話やこれから必要とされるその場で判断・対処する力など、将来就職するにあたって考えなければならない未来を教えていただきました。そのために、今やらなければならないこと。大学進学や文理選択の重要性。勉強の意義を見出すのに十分な内容でした。今日の講演を聞いて、明日からのテストに挑む姿勢がきっと変わると思います。1年生のみなさん、高校最初のテスト、頑張ってください。
 

6月20日(火) 進学講演会(3年)

6月20日(火)3限、3年生を対象とした進学講演会を行いました。講師は、ベネッセの遠藤峻さんです。【現状確認】・【進路情報】・【偏差値アップの秘訣】ということでお話をしていただきました。
中間考査が終わり、ホッと一息ついたところにいきなりの進学講演会。3年生は戸惑ったかもしれません。しかし、中間考査が終わったからこそ、自分のための勉強ができるのです。ここからが、受験勉強の再スタートです。それぞれの目標に向かって、遠藤さんの話を生かしながら頑張って欲しいと思います。
 

陸上部全国決定

祝!全国高等学校陸上競技対校選手権大会出場決定!

女子走高跳(近畿総体 第3位)

 1年 井上紗耶加

女子七種競技(近畿総体 第4位)

 3年 安達杏香 (丹有高校新記録更新!)






 先日、京都・西京極総合運動公園陸上競技場で行われました近畿総体において、2名の全国大会出場が決定しました。
 昨年度に引き続き、2名の全国総体出場者がでたことは、冬期間の練習が17:20に終了する北摂三田高校でも、結果を残せることを証明してくれました。
 全国総体に出場する2名は、ほかの部員の想いも持って、戦ってほしいと思います。

顧問

6月21日(水) 人間科学類型特別授業(2年)

6月21日(水)5限、人と自然の博物館から竹中敏浩先生(前校長先生)に来ていただき、「課題研究とその発信」という内容で人間科学類型特別授業(2年)を行いました。課題研究をなぜ行うのか、研究の意義とは、という根本的なところを改めてお話をしていただきました。特に、課題研究が調べ学習に終わらない、単なる感情論に終わらない、というところは生徒に響いたようです。
また、プレゼンテーションのイメージがつかめるように多くの動画を使って説明していただきました。個人研究の発表が近い生徒たちには大変参考になりました。今後、グループに分かれて課題研究を継続していく人間科学類型の生徒たちにとって、有意義な1時間となりました。