日別アーカイブ: 2016年11月30日

新聞部 近畿高校総合文化祭


11月19日~20日、第36回近畿高等学校総合文化祭の新聞部門が兵庫県神戸市で開催され、本校新聞部員2名が参加しました。

<1日目>
会場の神戸元町・私学会館に6県25校の生徒124名が集まり、開会式の後、21班に分かれ、班別会議(自己紹介、自校新聞紹介、役割決め、編集方針の決定等)を行いました。その後、A~Gの7つのコースにわかれ、取材活動を行いました。本校部員2名および顧問はそれぞれ、Aコース須磨寺・網敷天満宮、Fコース新開地・湊川東山商店街、Bコース人と防災未来センター・南京町の取材です。今年は地元・兵庫県開催でのため、10月に事前の下見を行い、本番では他県の案内を務めることができました。取材から帰るとすぐ、交流新聞作りです。1日目は主にレイアウトと、原稿の役割分担で終了しました。班のほとんどの人とは初対面でしたが、話をするうちに打ち解けて、議論も活発になってきました。

<2日目>
今回の交流新聞は、すべて手書きです。各班員の原稿と取材で撮影した写真を貼り付け、1枚の新聞に仕上げます。編集作業の時間2時間30分で、各班ともほぼ時間通りに交流新聞が完成しました。午後からは甲南大学・都染 直也氏より、「近畿地方の言葉・若者の言葉」という題でご講演を頂き、その後、理事の方から21種類すべての交流新聞全てに対して、講評もして頂くことが出来ました。
短い期間でしたが、中身の濃い有意義な経験をすることができました。2日間の詳細については、今後、制作する校内新聞「 望 」に掲載予定です。

サイテックリサーチフォーラム2016 関学・理工学部

11月26日(土)、三田市にある関西学院大学理工学部においてサイテックリサーチフォーラムが開催されました。このフォーラムでは午前は関学理工学部の大学生・院生による研究発表が行われ、午後からは理工学部の研究室見学の後で全国から集まった高校生による理系の課題研究の研究発表が行われました。
本校からは人間科学類型2年の生徒2名(理系)が参加し、夏休みをかけて行った個人研究のテーマを発表しました。
一人目の生徒のテーマは「石の水切りの原理」です。水面上に小石が飛び跳ねて進む「水切り」において、物理・数学の視点でより多くの回数を飛び跳ねるにはどうすればよいかを考え、発表しました。
二人目の生徒のテーマは「缶ジュースの賢い飲み方」です。缶ジュースに入っているナタデココなどの固形物を残さずに飲むにはどうすればよいかを物理学の流体力学の観点から考察して発表しました。

生徒は大学生のレベルの高い発表を聞いた後で少し緊張もしたとは思いますが、聴衆に向けて堂々と発表を行っていました。他校の生徒や大学生の発表を見て、あるいは自らの発表を終えてからの質疑応答を通して新たな発見があったと思うので、それを今後の課題研究へ生かして質の高い研究を目指してもらいたいと考えています。
今後は文系・理系ともグループ単位での課題研究となります。仲間と協力し、3年次の集大成となる課題研究発表会に向けて、努力していきましょう。また今後の発表会にも積極的に参加していきたいと考えています。

関西学院大学リサーチフェア

11月18日(金)、関西学院大学総合政策部主催のもと、関西学院大学神戸三田キャンパスにおいてリサーチフェア2016が行われました。リサーチフェアとは、大学生と高校生が日ごろの研究成果を発表し、研究を通じて相互に交流し合う「知の祭典」です。

本校も2年生人間科学類型(文系)の生徒3名がポスター発表で参加しました。テーマは「日本人としての私ー国際観を創造するー」で、日本人の①英語を向上させる②異文化理解を通して国際性を高める③日本独自の国際観を創造することを目的とした研究です。
はじめは緊張した面持ちでしたが、すぐにその場の雰囲気にも慣れ、その後は様々な質問に丁寧に答えるなど、ディスカッションにも熱が入っていました。関西学院大学の教授にもアドバイスをもらい、今後の研究に向けてよい経験になったと思います。