日別アーカイブ: 2016年8月24日

大阪市立大学訪問

8月2日(火)に大阪市立大学を訪問しました。最初に全体で大阪市立大学の概要や入試について動画などを使った丁寧な説明を受けた後、2班に分かれてキャンパスを案内していただきました。試験中ということもあって多くの学生がキャンパス内を行き来しており、学生の様子からも大学の雰囲気を感じ取ることができました。生徒の感想でも大きな刺激を受けたことがよくわかる有意義な訪問となりました。お忙しい中、丁寧に対応していただいてとても感謝しております。

大阪大学訪問8月3日(水)

2年生39名、1年生25名の計64名で、大阪大学キャンパスを訪問しました。
午前中は、吹田キャンパス内にあるレーザーエネルギー学研究センターを訪問し、入試課の金田先生より大学の概要説明をしていただきました。その後、センターの長友先生には、施設見学前のレクチャーとして、レーザー核融合の仕組みなどの理論的な講義をしていただきました。センター内では、世界有数の大型レーザー実験装置「激光(GEKKO) Ⅻ号」や実験に使用する反射鏡や結晶などの展示施設を見学しました。レーザーの照射は冷却やターゲットの調整(レーザーはレンズで集光され、直径0.5mm程度のターゲットに当てないといけない)のため、1日数回しか行われないということです。(見学中にも、1回目のレーザーショット(照射)が行われました。
昼食後、豊中キャンパスに移動し、6班に分かれて総合図書館を案内して頂きました。その後、総合学術博物館の見学を行いました。(豊中キャンパスでは、3名の北摂三田高校の卒業生に出会い、話をすることができました。)
自由散策をしたり、大学生とともに学食で昼食をとる時間もあり、貴重な経験ができたと思います。また、大学のスケールの大きさに驚いた生徒も多く、今後の進路選択のためにも有意義なものとなりました。

スタディーボランティア(7月21日~26日)

7月21日、25日、26日の3日間、三田市立狭間小学校および三田市立武庫小学校で、延べ55名の生徒が小学校スタディボランティアに参加しました。小学校1年生から6年生までの 児童たちが各教室に分かれて、小学校の先生の学習補助を行うという活動です。夏休みの宿題で分からないところを説明するなど、各生徒が積極的に小学生と向き合っていました。自分の説明が理解してもらえたときの喜びを感じたり、逆に、人に教えることの難しさを痛感したり貴重な体験をさせて頂けたようです。参加生徒の書いた感想には、そういった体験をさせて頂いた各小学校の先生方への感謝の気持ちも綴られています。8月には三田市立三輪小学校に 訪問させていただくことになっていますが、この経験が生徒の これからの高校生活にも活かされることを願っています。