「県庁緑化に行ってきました」2017.3.3

今年もまた園芸科草花デザインコースの生徒が、兵庫県庁の玄関に、自分達で育てた草花を使って、ガーデニング製作をしました。今回のテーマは「大地の香り」。私達が学ぶ播磨農業高校のある加西市は、「播磨の山野(さんや)」に囲まれた緑豊かな地域です。「希望がみなぎる」我が愛すべき播農を表現したくて、校内にあった間伐材や草花を用いてデザインしました。この作品には「人と自然が共存できる世界を創りたい」という生徒達の想いが込められています。また下線部は、校歌を歌っているときに共感した言葉を抜粋したものです。ぜひ元町にお越しの際は、ご覧ください。

さあ~いよいよ製作開始です

作製後は取材を受けました

 

さまざまな部分にこだわりをもち、昼食や休憩を全く取らずに作り終えた時は、もう14時過ぎ(苦笑)。それだけ生徒達の熱い想いが込められた作品になりました。